【おしらせ】「ギター」カテゴリの記事は別サイトへ引っ越しました。(クリックで飛びます)

プリンでお馴染みのオープン型ヘッドホン SENNHEISER HD598のレビュー

SENNHEISER HD598

 

今回は、SENNHEISER(ゼンハイザー)のヘッドホンHD598をレビューします。

 

オーディオ機器としてはちょっと変わったルックスが目を引くヘッドホンです。

装着感がよく、音の耳当たりも優しいため、聴き疲れしにくいヘッドホンだと感じました。快適なリスニングを求めるユーザーに向いていると思います。

 

HD598は既に生産終了しており、レビューする意味があるのか疑問なところはあります。

それでも愛用するアイテムの1つであるため、記事にしてみる事にしました。

 

プリンのような見た目に一目惚れ

僕がHD598を買った理由の大半はその見た目でした。

オーディオ界隈ではプリンの愛称で親しまれるのも納得の、まさにプリンのような見た目です。

SENNHEISER HD598

 

オーディオ機器というと往々にして黒やグレーを基調としたものが多い印象です。

それはそれでカッコいいのですが、その中でHD598のユニークなルックスは興味を引きました。

オーディオ機器ですので本来は音質を重視すべきではあるのですが、ほとんど見た目が気に入ったからという理由だけで通販でポチっと購入。

 

一番の長所は装着感の良さ

HD598を実際に使い続けて、一番の特徴はその快適な装着感にあると思いました。

重くもありませんし、側圧もちょうど良いです。

僕はかなり頭が大きい方だと思うのですが、それでも全く問題ありません。

 

個人的にストレスなくつけていられることがイヤホンやヘッドホンの重要なポイントだと思っています。

HD598は、着けているのを忘れる…というと言いすぎですが、それくらい装着感が良いです。

 

音質について

音質という点でも個人的に満足しています。

ミドルエンドのヘッドホンに手を出すのは初めてでしたが、クリアでのびのびとした音は、聞いていて楽しいです。

オープン型ということもあって、聴き疲れしにくいのも特徴だと思いました。

 

交換用のケーブル

付属のケーブルの長さは3mです。

状況によっては3mは長すぎると思い、後に1.2mの純正品のケーブルも買いました。

2種類のケーブルは、シチュエーションによって使い分けています。

 

おわりに

残念なことにHD598は2018年3月現在既に生産終了しています。

これから強いてHD598を入手する人はあまりいないと思いますし、在庫自体なくなっていくでしょう。

個人的に気に入っているヘッドホンが過去のものになってしまうのはちょっと寂しいですが、その分自分が持っているものを大切に使っていこうと思います。

ちなみに現在は後継機であるHD599が発売されており、今から同じような傾向のヘッドホンを求めるならそれをまずチェックしてみてください。

 

こちらもどうぞ

以下の記事では、僕が愛用するオーディオ関係の機材をまとめています。気になる方は、ぜひあわせてご覧ください。

w40 螺旋ケーブルオーディオ機器のレビュー【まとめ】