ただいま一部の記事を別サイトに引っ越し&メンテナンス中です。

ZERO AUDIO ZB-03【レビュー低音重視の高コスパイヤホン】

今回は、ZERO AUDIOのカナル型イヤホンZERO BASS ZB-03のレビューです。

 

ZB-03の一番の特徴は、その名の通り低音の迫力です。

バスドラムやベースが、これでもかというほど主張してきます。

4000円という価格で考えると、コスパが高いイヤホンです。

 

「5000円前後で低音に特化したカナル型イヤホン」をお探しの方は、ぜひご覧ください。

ZB-03の音質

先述したとおり、ZB-03の音質は何といっても低音部の迫力が特徴的です。

このことから、ZB-03は特に低音を重視する方に向いたイヤホンであるといえます。

それでいて、中・高音域もおざなりになっていません。クリアに聴こえます。

 

1000円クラスのイヤホンとは別格

僕はZB-03の前に1000円程度のイヤホンを使っていました。

ZB-03を使って感じたのは、次の2つです。

  • 安っぽいシャリシャリ感がない
  • ヴォーカルが一歩前で歌ってくれているような感じ

 

ZB-03がおよそ4000円ということもあり、両者のクオリティの違いは明らかでした。

そのため、安いイヤホンからのステップアップとしてZB-03はいい選択肢といえます。

 

便利なマグネット

ZB-03には付属品として、ケーブルを束ねられるマグネットがついてきます↓

マグネット

ヘッドホンみたいな形をしているのが面白いポイント。

実用性が高く、重宝します。

その他の仕様

その他、気になったポイントをざっくりと。

 

筐体はアルミ製で、高級感があります。

プラグ部分はL字型です。

僕の肌感覚だと、ストレートよりL字型の方が断線しづらいので、L字なのはGOOD。

L字

 

ケーブルはしなやかで、触った感じすべすべしていて気持ちいいです。

 

僕はこれまで本機を1年以上使ってきましたが、まだどこにも不具合は出ていません。

耐久性に問題はなさそうです。

まとめ

以上、ZERO AUDIOのカナル型イヤホンZB-03のレビューでした。

 

4000円という価格帯は、各社がコスパの高いイヤホンを投入している激戦区です。

その中で、ZB-03は低音の量感という特徴で飛び抜けた存在と言えるでしょう。

 

5000円前後で低音重視のイヤホンをお探しの方には、ぜひチェックしてほしい製品です。

 

こちらもどうぞ

以下の記事では、僕が愛用するオーディオ関係の機材をまとめています。気になる方は、ぜひあわせてご覧ください。

w40 螺旋ケーブルオーディオ機器のレビュー【まとめ】