大学受験で使った物理の問題集(物理のエッセンス・名門の森)

こんにちは。ぽうです。

僕は大学受験の物理の勉強で物理のエッセンス名門の森という問題集を使っていました。

特に物理のエッセンスは個人的に声を大にしておすすめしたい問題集でして、今回はこれらの問題集を紹介します。

物理は英語に次ぐ僕の得意教科で、大学受験のときは得点源になりました。僕の大学受験の話は以下の記事に書いているので是非ご覧ください。

偏差値50からの合格体験記【北大、慶応、明治に合格】

物理のエッセンス(河合出版)

物理のエッセンスは僕が受験生のとき手にした問題集の中でも最も役に立ったと思うものの一つでした。これは掛け値なしにすごい問題集だと思います。

物理のエッセンスは「力学・波動」編「電磁気・熱・原子」編の二冊に別れています。僕はどちらも使っていました。

まさにエッセンス

本書の構成は解説⇒問題という至って普通のものです。

問題は超基本的な部分からそれなりの応用力が必要になるものまで、バランスよく出題されていると思います。

僕自身の使い方にしても、解説を読んで理解して問題を解いていく、という限りなくシンプルなものでした。

この本のすごいところは、解説のセンスの良さもそうなのですが、何より問題を解いていくことで各分野の本質が見えてくるところだと思います。

問題数はそれほど多くないのですが、それぞれにエッセンスがものすごい濃度で凝縮されています。

問題集との相性は人それぞれだと思いますが、僕には本書はものすごくしっくりきました。ありていに言えばものすごく分かりやすく説明されていて、かつ問題の出し方も理に適っていると感じました。

本質を理解する

センターの勉強にしても二次試験の勉強にしても、物理は特に本質を理解しないとにっちもさっちもいかない教科だと思います。つまり、付け焼刃で解ける問題はホンの一握りだということです。

本質を理解せず例題を暗記しただけだと、問題の設定がちょっとでも変わった途端に崩壊します。応用が全く効かないのです。

物理のエッセンスは、何よりも必要な本質を理解するのにものすごく役立った問題集だと感じています。

僕はこの問題集を全体を3~4周はしたと思います。そして、間違ったり自分の中で曖昧な部分が少しでも残った問題に関してはさらに回数を重ねて何度も解き直しました。

僕のセンター物理対策は、本書をマスターして本質を理解⇒過去問などでセンター特有の出題形式に慣れる、という感じでした。

また、二次試験対策としては物理のエッセンスで北大・明治・慶応の問題はほとんどカバー出来ると感じました(もちろんですが、実際に受験して合格した人間の意見です)。

この本の中にそれだけのエッセンスが濃縮されているというのは、受験の後に振り返って改めてすごいことだと思いました。

おすすめというレベルではない

僕が本書で勉強をしたのは何年も前なので、やや情報が古いところはあるかもしれませんが、物理のエッセンスはホントにおすすめしたいです。

しかも安いです。2冊合わせて2000円しません。1万円いや、3万円出して手に入れてもいいと思うくらい僕には役立ちました。

名門の森

前述の物理のエッセンスの上位の問題集として、同じく河合出版から発売されている名門の森も僕は使っていました。物理のエッセンスのお兄さんという感じです。

ただし、僕が手を出したのは「力学・波動編」だけです。

掲載されている問題はもちろん難しいのですが、ひねくれたものではなく、物理のエッセンスで培った応用力があれば全く手を出せないというほどではありません。

掲載されているのはより応用力が問われる良問ばかりだと思いました。

ただ、これは僕の受験には不要なほどレベルが高い問題集だと感じました。

もちろんやってもいい問題集だとは思うのですが、僕個人の感想としては、北大、慶応、明治の問題は基本的に物理のエッセンスでも十分対応出来ると思いました。

そのことからも、物理のエッセンスがどれだけすごいかが分かります。

おわりに

以上、僕が大学受験で使った物理の問題集について書きました。

物理のエッセンスで北大二次試験や慶応の筆記試験までOKなので、おすすめです。