お金についての本【おすすめ】

こんにちは。ぽうです。

今回は、ぼくがこれまでに読んだお金についての本の感想を簡単に書きたいと思います。

「お金についての本で面白そうなのないかな~」と思っている方などの参考になれば幸いです。

知らないと損する 池上彰のお金の学校

お金についての教養を広く得られる一冊。

今の社会に生きる上で誰しも読んでおいて損はありません。

池上氏の本というだけあって、流石、とても分かりやすく書いてありました。

説明として分かりやすいだけじゃなく、読みものとして面白く書かれてます。

「お金について一通り勉強したい」
「お金・金融に関する教養を深めたい」

という方にはぴったりでしょう。

となりの億万長者

億万長者は意外と質素な生活をしている、という事実が調査データに基づいて明らかにされています。

億万長者というと高級品を怒涛の勢いで買いあさっているイメージはないでしょうか?

本書を読めば、「高級品=億万長者の持ち物」という考えはなくなるでしょう。

倹約と適切な資産管理こそが、真の億万長者の秘訣だということが分かります。

この本で紹介される億万長者たちの生活スタイル・お金に対する考え方はめちゃくちゃ参考になります。

これを読んだら、ステータスのために高級品を買うのが馬鹿らしくてしょうがなくなると思いますよ!

投資家が「お金」よりも大切にしていること

お金の本質に迫る一冊。

ぼくは第一章・第二章が特に面白く感じました。

ぼく自身「お金ってなんだろう?」という疑問を持って本書を手に取ったのですが、お金についての本質・正論がびしっと書かれており、これがまた爽快。

日本人のお金に対する見方に歯に衣着せぬ指摘をしていて、ぼくが持っていた「お金に対するモヤモヤ」を解消するのにとても役立ちました。

お金についての読みものとして独特な面白みがある一冊でした。

金持ち父さんシリーズ

「金持ち父さん 貧乏父さん」
「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント」
の2冊についてです。

この2冊はどちらも、お金についての教養・リテラシーを培うための本だと感じました。

金持ち父さんのお金についての考え方を吸収することで、資産を築いていく人間としてのマインドが学べます。

「金持ち父さん 貧乏父さん」では、二人の異なるタイプの父さんの考え方の違いを感じることで、お金についての常識の殻がきっと破れるでしょう。

「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント」では、従業員・自営業・ビジネスオーナー・投資家の4つのクワドラントの比較を通じてお金について視野を広げられます。

どちらも、経済的な自由を得るための知識がぎゅっと詰まってます。

バビロンの大富豪

バビロンを時代・世界を舞台に富を築く方法をストーリー仕立てで描いた本。

バビロンは紀元前に存在した都市なので、今ぼくらが住む世界とはあらゆることが違います。

しかし、本書を読めば富を築く基本的な方法は変わってはいない(時代に依らない)ことが分かります。

書いてあるのは本質的なことなので、特別目新しいということはありません。

ただ、富を築く上で本質的な原則をバビロンの舞台で再確認するのはなかなか面白いですよ。

お金の増やし方を教えてください!

お金の運用方法を、先生と生徒の対話形式で極限まで分かりやすく解説した一冊。

先生がザクッと言い切る姿は爽快で、けっこう笑えます

「○○は絶対しない方がいいよ」
「○○はゴミだから」

といった感じ。

もちろん面白いだけじゃなくて、その主張も根拠があって勉強になります。

具体的な運用方法(国債・投資信託・NISA・確定拠出年金)が取り上げられているあたり、実用性を追求していると思いました。

逆に、家・保険といった「お金を使う」ことについてのトピックもあって、これもまた面白いです。

コミックでわかる 20代から1500万円!積み立て投資でお金をふやす

投資について基礎の基礎というところから、漫画で学べる一冊。

ぼくは資産運用を始めた最初のころにこれを読み、投資・資産運用のイメージをつかみました。

「投資や資産運用に興味はあるけど、サッパリ分からない」という方にはまさにうってつけ。

投資や資産運用については、いきなり難しいことを学ぼうとするよりも、こういった取っ付きやすい本から始めるのがおすすめです。

内容も初心者向けですし、漫画なので気軽にどうぞ。

こういった本を買って勉強するということそのものが、投資の第一歩かもしれませんね。

おわりに

以上、これまでぼくが読んできたお金にまつわる本を簡単に紹介してきました。

新しく本を読んだら追記していく予定です。

お金についての本をお探しの方の参考になれば幸いです。