札幌地下鉄はSAPICAのオートチャージ+1日乗車券(ドニチカキップなど)で賢く利用

こんにちは。ぽうです。

ぼくは札幌の地下鉄をよく使います。

札幌の市営地下鉄は、よく利用するなら知っておいた方がいいポイントがあります。

人によっては「もう知ってるよ」という感じだと思いますが、今回はぼくなりにまとめてみたいと思います。

SAPICAはポイントが貯まる

SAPICAは札幌市内の地下鉄・バス・市電で使えるICカードです。

SAPICA 公式HP

SAPICAは地下鉄などをよく利用するなら使わない理由がないと思います。

というのも、SAPICAにチャージして改札を通って運賃が清算されると、その10%がポイントとして貯まるのです。

つまり、200円を1回払ったら20ポイント、10回払ったら200ポイントです。

貯まったポイントは、それだけで清算できる状況で自動的に使われるので、意識して使う必要はありません。

一方、普通に切符を買って乗ってもポイントは貯まりません。

10%ってめちゃくちゃ大きいと思うのですが、どうでしょうか?

旅行で札幌を訪れたくらいならSAPICAを使う必要はありませんが、たま~に使うくらいの人でも持っておくべきだと思います。

SAPICAは券売機で買えて、最初に2000円払って、1500円分はチャージ、500円はデポジット、という形で使い始められます。

クレカのオートチャージでさらにポイントがおいしい

SAPICAにはオートチャージという機能がありまして、クレジットカードを登録して、そこからの支払いという形で自動的にチャージできます。

改札を出るときに残高が足りない場合、自動的に1000円分チャージするという仕組みです。

すると、いちいち手動でチャージするという面倒なことをせず、常に残高を気にせずにSAPICAで改札を通れます。

そういった利便性はもちろんありがたいのですが、オートチャージの一番の利点は、要は運賃をクレカ払いにできるところだと思います。

ぼくはクレジットカードをあらゆるところで使っているのですが、一番の理由はポイントが貯まるからです。

つまり、SAPICAをオートチャージで使うことで、(1)SAPICAのポイントと、(2)クレカのポイントの2つが貯まる、ということですね。

ぼくはAmazonポイントを貯めるためにオリコカード、ヨドバシカメラのポイントを貯めるためにGOLD POINT CARDの2枚のクレジットカードを適宜使っています。

どちらのカードも支払額の1%が1円分のポイントとしてもらえます。

すると、オートチャージ機能を使ったSAPICAで100円支払うことで、

  • SAPICAのポイントを10円分
  • クレジットカードのポイントを1円分

もらうことができる計算になるわけですね。

「なんてショボい金額だ」と思う方もいるかもしれません。

しかし、生活の支出を出来る限りクレカ払いにしてポイントをもらおうとしているぼくとしては、これは嬉しいシステムです。
(個人的に定期以外で地下鉄をよく使うので)

バス・市電でも

ここまでに書いたSAPICAについてのことは、地下鉄だけの話ではありません。

札幌市内のSAPICAが使えるバス・市電での支払いにも共通するお話です。

状況によっては一日乗車券を使う方がお得

上に書いた通り、地下鉄については基本的にはオートチャージのSAPICAを使うのがお得です。

ただ、特別な切符を買って乗った方がお得な場合があります。

札幌市営地下鉄の1日乗車券には以下の3つがあります。

  1. 地下鉄専用1日乗車券
  2. ドニチカキップ
  3. どさんこパス

それぞれ状況によっては、SAPICAオートチャージよりもお得に使えるので、知っておいて損はないです。

札幌市交通局 乗車券のご案内

ドニチカキップ

ここでは、ぼくが普段よく使うドニチカキップについてご紹介します。

ドニチカキップは、土日祝日+年末年始に520円(大人)で地下鉄が1日乗り放題になる乗車券です。

オートチャージSAPICAでもらえるポイントを考慮すると、合計でおよそ600円以上の運賃がかかる移動をするなら、ドニチカキップの方がお得です。

と言いつつ、ドニチカキップを買うのを忘れていつもどおりSAPICAを使っちゃうことが、ぼくはたまーにあります。

こんなふうに、状況によっては1日乗車券を使った方がお得なことがあるので、把握しておくと地下鉄を賢く利用できます。

おわりに

以上、オートチャージSAPICAでポイントがおいしいということと、地下鉄は1日乗車券を使うとお得な場面があるというお話でした。

こういった方法を当たり前に使っている人もいるかと思います。

SAPICAのポイント還元はものすごい額ですし、クレカ払いに出来るオートチャージもバカに出来ません。

「知らなかったよ」という方の参考になれば幸いです。