ただいま一部の記事を別サイトに引っ越し&メンテナンス中です。

所有するギターと機材のレビュー【まとめ】

ギターの機材

 

このページでは、私が使っているギターや機材についてご紹介します。

個別のレビュー記事へのリンクからは、より詳しいレビューをご覧いただけます。

※随時更新予定

 

ギター・ベース

Ibanez(アイバニーズ) S420

Ibanez S420

 

Ibanez S420は、私が初めて買った記念すべきギターです。

 

このギターは、Ibanezのラインナップの中でSシリーズに分類されます。

ボディが薄いせいかとても軽く、弾いていても疲れないのが気に入っています。

S420はボディの光沢がなく、木の質感が活きているのが特徴で、購入時はその見た目が大きな決め手になりました。

歪ませたときのザクザク感が好みで、弾きやすいのもあって今でもよく使っています。

Ibanez S420Ibanez S420 レビュー【薄くて軽い。弾きやすさが際立つエレキギター】

 

Tokai(トーカイ) LS160

TokaiレスポールLS160

 

Tokai LS160は、レスポールタイプのギターが欲しくて購入しました。

国産レスポールということもあって、とても丁寧な作りのように感じます。

そのため、安心・満足して使えています。

色やスペックも標準的で、いつまでも飽きのこない一本です。

TokaiレスポールLS160【Tokai LS160 レビュー】国産クオリティの上質レスポールコピーモデル

 

Paul Reed Smith custom24 10top

PRS CUSTOM24 10top

 

ギター欲しい病が最も重症化したときに、Paul Reed Smith(ポール・リード・スミス)のcustom24を思い切って購入しました。

10本に1本の美しさを意味する10topグレードです。色はLivingston Lemondrop。

美しいフレイムメイプルと相まって、まるで宝石のように見えます。

正直言って私はこのギターを必要とするほどの腕はないのですが、宝物のように大切にしています。

PRS CUSTOM24 10topPRS custom 24 10top レビュー【見た目も弾き心地も、やっぱり格別です】

 

Bacchus BST-650B

BacchusのエレキギターBST-650B

Bacchus(バッカス)のBST-650Bというストラトのコピーモデルを使っています。

これはバッカスの中でもGlobal Seriesというコストパフォーマンスに優れたグレードのギターです。

5万円とは思えないクオリティで、良い意味で期待を裏切れらました。

私自身が愛用しているため、初心者の方にもおすすめできるギターです。

BacchusのエレキギターBST-650BBacchus BST-650B レビュー【高コスパの標準的なストラト】

 

YAMAHA FG720S

YAMAHA アコースティックギター FG720S

 

エレキギターをやっているうちにアコースティックギターも触りたくなりました。

そこで購入したのが、YAMAHAのFG720Sというモデル。

3万円と低価格で中国製ながら特に不満なく使えており、いいチョイスだったと思います。

YAMAHA アコースティックギター FG720S【YAMAHA FG720S レビュー】3万円で買える、初心者には特におすすめのアコギ

 

G&L L-2000 Japan Premium

GandL L-2000

 

ギターにハマったからベースも…と思って買ったのが、G&L L-2000

私が買ったのはL-2000の中でもJapan Premiumという国産グレードのモデルです。

けっこういいモノを買ったのですが、結局ベースにはあまりハマることができませんでした

そのため、ほとんど触ることのないままギタースタンドに収まっています。

 

アンプ・キャビネット

ORANGE MICRO TERROR

orange micro terror

 

ORANGE MICRO TERRORは私にとって初めてのアンプヘッド。真空管が使われたアンプもこれが初めてです。

ランチボックスっぽい見た目がキュートなアンプヘッドです。そのルックスに一目惚れし、音など関係なく買いました。

音質は中音域が出た温かい印象。

小型ながらも20Wでかなりパワーがあります。

orange micro terror ppc108【ORANGE MICRO TERROR + PPC108 レビュー】キュートすぎる自宅用小型スタックアンプ

 

CARVIN V3M

carvin v3m

 

自宅で使えるフルチューブアンプが欲しくて買ったのが、CARVIN V3Mというアンプヘッド。

プリ・パワーとも真空管で、ドライブチャンネル×2、クリーンチャンネル×1という本格派アンプです。

7、22、50Wとパワーソークできるので、自宅でもじゅうぶん使用可能。

V3M 前面家でも使える真空管ギターアンプ【CARVIN V3M レビュー】

 

ORANGE PPC108

orange ppc108

 

キャビネットはORANGE PPC108を使っています。

MICRO TERRORと一緒に買いました。

 

8インチのスピーカーが1つ搭載されています。

自宅にはこれくらいのキャビネットでじゅうぶんかなと思います。

また、インテリアとしても非常に優秀であり、部屋に置くことで妙な満足感を感じています。

 

その他の機材

ワイヤレスシステム LINE6 RELAY G10

LINE6 RELAY G10

 

私は基本的にシールドは使わずに、Line 6 RELAY G10というワイヤレスシステムを使っています。

 

これを使うと邪魔くさいシールドから解放されて、自由に動き回れます。

使い方も簡単なので、まさにストレスフリー。音質の劣化や遅延は全く感じていません。

そのため、日頃の練習だけでなくレコーディングのときも同じように使っています。

これがないギターライフにはもう戻れませんね。

LINE6 RELAY G10LINE6 RELAY G10 レビュー【音質劣化・遅延なしのワイヤレスシステム】

 

オーディオインタフェース Roland QUAD-CAPTURE UA-55

Roland UA-55

ギターをPCとつなぐ際には、一昔前の定番オーディオインタフェースRoland QUAD-CAPTURE UA-55を使っています。

何の問題もなく使えていますので、これを選んで良かったと思います。

roland quad-capture ua-55ROLAND QUAD-CAPTURE UA-55 レビュー【初心者でも安心の全部入りオーディオインタフェース】

 

iOS対応オーディオインタフェース LINE6 SONIC PORT VX

iOS対応オーディオインタフェース

SONIC PORT VXは、ギターとiPadをつなげたくて購入。

iOSデバイスだけでなく、WindowsやMacにも普通に使えます。

コンデンサマイクを内蔵しているので、マイクレコーディングも出来るという優れもの。

line6 sonic port vxLINE6 Sonic Port VX レビュー【マイク内蔵のiOS対応オーディオインタフェース】

 

おわりに

以上、私が愛用しているギター関係の機材についてご紹介しました。

何か少しでも参考や暇つぶしになれば嬉しいです。

個別にレビューしているものもあるので、興味を持たれた方はぜひご覧ください。