HONDAの除雪機HS760を、互換バッテリーSB12AL-A2で駆動成功

新しいバッテリー

 

[voice icon=”https://fragments-t.com/wp-content/uploads/2018/11/thinker.jpg”  type=”l big”]

除雪機のバッテリーがダメになったみたい…。

ホームセンターで見てきたけどけっこう高いなぁ…。

[/voice]

そう思っていたところ、ネットで互換バッテリーがかなり安く売っていたので買ってみました。

結果、問題なく除雪機のエンジンがかかり、大満足。

 

ホームセンターで売っていた純正バッテリー(YB12AL-A)は17,000円ほどの値段でした。

しかし、今回購入した互換バッテリー(SB12AL-A2)は送料込みでもたった4,300円ほど。

ものすごい違いですね。

純正品を店頭で買うよりも、ネットで互換品を買った方がかなりお得な場合があります。

 

今回は、互換バッテリーSB12AL-A2を使い、HONDAの除雪機HS760を動かすことに成功した様子をご紹介します。

HONDAの除雪機HS760

今回動かそうとしたのは、HONDAのHS760という除雪機です。

エンジンがかからず、そもそもバッテリーがダメになっている状態でした。

HONDAの除雪機HS760

純正はYB12AL-Aか

この除雪機は、祖父が中古で購入したものです。

当初装着されていたバッテリーはこちら↓

GS YUASA YB12AL-A2

GS YUASAというメーカーの「YB12AL-A」に適合する製品でした。

 

要は、この規格のバッテリーを新たに購入すればいいわけですね。

そこでホームセンターで同等の製品の値段をチェックして見たところ、およそ17,000円でした。

 

互換規格としてSB12AL-A2がある

「17,000円は高いなぁ…」と思いネットで調べてみたところ、

YB12AL-Aの互換規格としてSB12AL-A2というものがある

ということが分かりました。

 

ネットで売られているものは、YB~に比べてべらぼうに安い。

僕が最終的に購入したSB~の互換品は送料0円でわずか4,280円でした。

ホームセンターで見かけたYB~の製品が17,000円でしたから、ちょうど4分の1の値段です。

規格さえ合えばいいわけですから、とりあえずAmazonのマーケットプレイスで購入してみることに。

 

互換バッテリーを使う

僕が購入したのがこちら↓

SUPER NATTOというメーカーのSB12AL-A2適合品です。

SUPER NATTO SB12AL-A2

 

電解液を自分で注入

こちらのバッテリーは、密閉型で、自分で電解液を入れる必要がありました。

やり方については、丁寧な説明書が付属していたので迷うことはありません。
(クリックで拡大できます↓)

SB12AL-A2 説明書

以下、実際の写真を使いながら作業の様子をご紹介します。

 

1.シールを剥がす

まずは、バッテリー上部の赤いシールを剥がします。

バッテリー 赤いシール

すると、こんな注入口が見えました。

SB12AL-A2 注入口

 

2.電解液を入れる

電解液の容器は、こんなふうにアルミ製のシールが貼ってあります。

SB12AL-A2 電解液

うっかり剥がしてしまいそうになりますが、それはダメです。

先ほど露出した注入口に押しつけると、アルミが自然と破れて電解液が入っていく仕組みだからです。

 

アルミのシールを下にして押しつけると、電解液が入っていきます。

途中で入らなくなったときは、角度を調整してやるとすんなり入ってくれました。

電解液を注入

電解液は2本に分かれていましたが、どちらも注入します。

 

3.1時間ほど放置

すべて注入し終わったら、そのまま1時間ほど放置します。

あとで被せることになる蓋を軽く乗せておくとホコリの混入を防げるそうですので、被せておきました。
(この時点では、あくまで軽く乗せるだけ!)

バッテリーを放置

4.蓋をして準備完了

1時間ほど放置した後に蓋をしっかりしめたら、使う準備はOKです。

蓋を押しつけるのには、けっこう力がいりました。

バッテリーに蓋をした様子

 

除雪機のエンジンがかかりました

除雪機HS760についていたYB12AL-Aのバッテリーを外し、準備が完了したSB12AL-A2を取り付けました。

慣れないことで四苦八苦しながらも、エンジンが無事かかりました!

本機には、バッテリー以外の不良箇所はなかったようです。

めでたしめでたし。

新しいバッテリー

おわりに

以上、互換バッテリーSB12AL-A2で除雪機HS760のエンジンがかかるようになった経緯をご紹介しました。

 

火を見るよりも明らかですが、そこらへんのお店でバッテリーを買うのはお金がめちゃくちゃもったいないです。

ネットを使えない僕の祖父がバッテリーを新調しようとしたらこういうのを買っちゃうのかな…と思うと、複雑な気持ちになりました。

何にしてもそうですが、やはり店舗を持たない通販の方が安いに決まってます。

また今回のケースでは、互換品を使ったことでもかなり費用を抑えることができました。

 

共通する状況にある方の参考になれば幸いです。