イヤホン・ヘッドホンのプラグを変換する方法

プラグサイズの変換

この記事では、イヤホンやヘッドホンのプラグの大きさを変換する方法と知識についてまとめます。

結論を先に書くと、状況に応じて下記のようなアダプタを使えばOKです。

3.5mmを6.3mmに変換したいとき↓

6.3mmを3.5mmに変換したいとき↓

 

このようなアダプタを使うと、

  • 大きなプラグのヘッドホンをスマホで使う
  • 小さなプラグのイヤホンをオーディオ用のアンプに使う

といったことが出来るようになります。

オーディオ機器の使い方が広がるため、アダプタがあると何かと便利です。

プラグ変換について興味のある方はぜひご覧ください。

基礎知識

まずは、プラグの変換に関連して知っておきたい知識をまとめます。

プラグとジャックについて

プラグとジャックは対になる言葉で、正式な使い方は次の通りです。

  • プラグ :端子のオス側
  • ジャック:端子のメス側

 

プラグの直径は、次の2つのどちらかであることが多いです。

  • 3.5mm(ステレオミニプラグ)
  • 6.3mm(ステレオ標準プラグ)
MEMO

これ以外にもありますが、日常で目にするのはほとんどこの2つのどちらかだと思います。

この記事では、この2つの大きさのプラグの変換について書きます。

3.5mm(ステレオミニプラグ)

ステレオミニプラグ

3.5mmのプラグは、日常のあらゆるところで見かけます。

イヤホンのプラグは基本的に3.5mmです↓

ステレオミニプラグを備えたイヤホン

 

これに対応するジャックも、挙げればキリがないほどよく見ます。

スマホのイヤホンジャックはサイズ的に間違いなく3.5mmのはずです↓

スマートフォンのイヤホンジャック

6.3mm(ステレオ標準プラグ)

ステレオ標準プラグ

6.3mmのプラグは、3.5mmよりも見る機会が少ないのではないでしょうか。

ですがオーディオや電子楽器の分野ではむしろ6.3mmがよく使われています。

 

イヤホンとは違い、ヘッドホンのプラグは6.3mmであることが多いです。

ステレオ標準プラグを備えたヘッドホン

 

これに対応する6.3mm用のジャックは、オーディオ用のアンプなどによくついています。

例えば、僕が持っているオーディオインタフェース(Steinberg UR22mkII)のヘッドホン用ジャックは6.3mmに対応しています。
(前面パネル右下)

ステレオ標準ジャックを備えたオーディオインタフェース

3.5mm⇔6.3mmの変換用アダプタ

6.3mmの標準プラグを3.5mmのジャックに挿したかったり、反対に3.5mmのステレオミニプラグを6.3mmのジャックに挿したい場面があります。

変換用のアダプタを使えば、プラグの大きさを変えられます。

例えば、下記のような製品がそれにあたります↓

 

下の写真は、3.5mmと6.3mmのプラグ、そしてそれらをもう一方のサイズに変換するアダプタです↓

プラグを別の大きさに変換する

用途に応じてチェックしてみてください。

上記の2種類のアダプタが家に1つずつあると便利です。

まとめ

以上、イヤホンやヘッドホンのプラグを変換する方法について書きました。

また、プラグとジャックなどに関連する知識もまとめました。

アダプタがあると、標準プラグのヘッドホンをスマホに使ったり、ステレオミニプラグのイヤホンをオーディオ専用の機器に使ったりできます。