ただいま一部の記事を別サイトに引っ越し&メンテナンス中です。

エフェクターを中古で買っても大丈夫なのか【個人的にはアリ】 

中古のギターエフェクター

 

今回は、「エレキギターのエフェクターを中古で買っても大丈夫なのか」という内容です。

結論から書くと、

「リスクを承知で買うなら大いにアリ」

というのが私の考えです。

 

エフェクターを中古で買うメリット・デメリットとして以下のことが考えられます。

メリット

  1. 安い(これに尽きる)

 

デメリット

  1. メーカー保証が使えない
  2. 多かれ少なかれ劣化している

これらのメリットとデメリットを総合して、メリットの方が大きければ買っても問題ないと思います。

 

以下、中古で買うメリット・デメリットについて詳しく見ていきます。

[aside]

この記事では、いわゆるペダル型のエフェクターを想定しています。こういうやつ↓

BOSSのオーバードライブペダルSD-1

マルチエフェクターは仕組みや構造が違いますのでここでいうエフェクターからは除外します。

[/aside]

 

エフェクターを中古で買うメリット

中古で買うメリットはただ1つ、安いこと。これに尽きます。

逆に言うとこれ以外にないと思います。

生産が終了してプレミア価値がついたエフェクターは中古で手に入れるしかないですが、これはこの記事のテーマからは外れます。そもそも新品で買うという選択肢がないからです。

 

エフェクターを中古で買うデメリット

たった今書いたようにメリットは安さだけなので、話はシンプルです。

しかし、デメリットの方は色々考えなければならないことがあります。デメリットを考慮した上で、それでも中古で買う価値があるかどうか考えないといけません。

 

メーカー保証が使えない

中古で買ったエフェクターは、たとえ保証期間内であったとしてもメーカーに無償修理してもらえません

これは当然のリスクとして受け止める必要があります。

 

普通エフェクターというのは、製品ごとに保証期間が決まっています。最低1年、長いものでは5年のエフェクターもあります。

新品を買ってこの期間に普通に使っていて自然故障しても、メーカーに無料で修理してもらったり新品と交換してもらったり出来ます。

私が思うに、これが新品の一番のメリットです。

 

メーカー保証を受ける際には購入時のレシートなどが必要ですが、中古で買った場合そういう書類はまず間違いなく存在しないと思います。

購入時の証明がない場合、無償修理の可能性はゼロです。

仮にレシートなどの書類があったとしても、中古品が無償修理の対象になるのかは限りなく微妙なライン。

メーカーに問い合わせるしかないですが、限りなく期待薄だと思います。少なくとも、あらゆる製品で中古品が無償修理してもらえたという話を私は聞いたことがありません。

 

ただし、ショップで買った中古品にはそのショップの保証がつくことが多いです。

保証期間は例えば1ヶ月や3ヶ月くらいで、メーカー保証に比べると短い印象です。

そういう保証はありがたいのですが、ショップで買うとフリマなどで個人から買うよりはどうしても値段が高くなってしまいます。

 

そもそも劣化した状態である

当たり前ですが中古品である以上、いくらかは使われた状態で手にすることになります。

いうなれば、寿命が減った状態ということです。

 

しかし、私はこれについてはそこまで気にしていません。

なぜかというと、モノによりますがエフェクターはけっこう頑丈に作られているからです。

10年・20年以上経って見た目がボロボロになってもまだ使えているエフェクターを見たことはないでしょうか。

具体的な根拠とは言えないですが、例えばBOSSのSD-1というエフェクターの保証期間は5年とものすごく長いです↓

BOSS SD-1 保証書

これだけ長い保証期間を設定している製品は、よほど乱暴に扱わない限り壊れないように出来ていると思います。

 

もちろんこれは全てのエフェクターに言えることではありません。

プラスティック製の安い製品だと、中古で買うのはギャンブル性が高いと思います。

 

初心者は中古ではなく新品を

この記事のざっくりとして結論は「エフェクターは中古でもOK」ということなのですが、例外があります。

ギターの始めたての方で、初めてエフェクターを買おうとしている方は中古はおすすめしません

初心者の方だと何かの不具合が起きたとき、その原因を判断したり、対処したりすることが難しいからです。

エフェクターに限らず、「初心者こそ良いものを使うべき」というのが私の意見です。予算は厳しいかもしれませんが、ぜひ新品を買ってください。

その方が安心できますし、トラブルが少なく楽器の演奏という本来の目的に集中できます。

中古でエフェクターを買うというのは、むしろある程度慣れてリスクを負う余裕ができた人向きだと思います。

 

私のケース

私自身はどうなのかというと、中古でもOKと主張するくらいですから中古でもたくさんエフェクターを買っています。

試してみたいエフェクターを全て新品で買うのは金銭的にきびしいですので。

買う場所は基本的にフリマ(メルカリ)です。けっこう状態の良いものでも安く売られていることもあって、よくチェックしています。

ただし、条件のいいモノは一瞬で売り切れるんですよね。頻繁にチェックしていないと100%乗り遅れます。

 

もちろん中古で買う以上、上に書いたようなリスクは全て受け入れています。

具体的には、

  1. メーカー保証のことは忘れる
  2. 見た目の劣化も受け入れる
  3. 動作確認して取引完了し、その後にトラブルが起きても受け入れる
    (ノークレーム・ノーリターン)

という感じですね。

ちなみに、これまで正常に動作する中古を買ってすぐに壊れたことは一度もありません。

 

おわりに

以上、中古でエフェクターを買っても大丈夫なのか、というテーマについて書きました。

結論を繰り返すと、リスクを受け入れる覚悟で買うなら大いにアリ、だと思います。

商品選びで失敗しなければ、安く買えるというのはそれだけメリットがあります。

 

中古で買って何が起きても自己責任ですが、皆さまがエフェクターを買う際の参考になれば幸いです。