ただいま一部の記事を別サイトに引っ越し&メンテナンス中です。

【BIAS FX 2 レビュー】初代からさらに進化した高音質ギタープラグイン

BIAS FX 2の画面

 

今回は、ギター用プラグインソフトウェア「BIAS FX 2」のレビューです。

初代BIAS FXをベースに音質・使い勝手ともに良くなりました。

初代との違いも含めて見ていきますので、

  • 初めてBIAS FXを使おうとしている方
  • 初代からのユーザー

どちらの場合も、ぜひご覧ください。

 

BIAS FX 2とは何か?

BIAS FX 2とはPositive Gridが開発するギターアンプ・エフェクトのシミュレータソフトです。

初代BIAS FXに置き換わる形で、2019年3月に発売されました。

【公式】BIAS FX 2 | Positive Grid

 

BIAS FXの機能はハードウェアのアンプシミュレータやマルチエフェクターと同じです。

下の画像のようにエフェクトとアンプを組み合わせて音作りしていきます。

マルチエフェクターがそのままPCの中に入ったと考えてOKです。

BIAS FX 2の画面

 

一番の長所は音質の良さにある

BIAS FX 2には一言では言い切れないくらいたくさんの機能や特徴があります。

しかし何と言っても一番の長所は音質が良いこと、それに尽きますね。

初代BIAS FXもリアルなサウンドで、私自身何年も愛用していました。そこから2になって、サウンドの質はまた一歩進化しています。

音質の向上は、特にハイゲインなサウンドを作るときに感じました。

ソフト・ハードに関わらずシミュレータはとにかくハイゲインなサウンドが苦手です。ジャリジャリしたりモコモコしたりして、モノによっては全く使いものにならないこともよくあります。

BIAS FX 2のハイゲインサウンドはかなり使えます。初代のサウンドのシミュレータっぽさを一皮剥いた感じです。

「デジタル処理技術はここまで来たか」と思いました。

 

そして、合格点の音にすばやくアクセス出来る

BIAS FX 2は音が良いのに加えて、良い音をすぐに作れるのも大きなメリットです。

ぶっちゃけアンプだけでも既に弾いていて楽しい音になっています。

シミュレータにありがちなこととして、「組み合わせの幅は広いけど、良い音を作るのは大変」というケースがあります。

音質の最大値は高いけど、そもそもそこにたどり着くのに技術がいる…という感じ。

これは私自身も他のソフト・ハード経験したことなのですが、これだと正直使う気になれません。

音作りは目的ではなく手段なので、そこで苦労するのはなんか違う。

一方、BIAS FX 2は80点の音にすばやくアクセスできるんです

プリセットも変態的なものはほとんどないのでそれをいじっても良いですし、何もない状態に必要最小限のモノをポンポンポンと入れてやるだけでもOK。

別に音作りに慣れていない方でもプリセットや後に書くTone Cloudを使えば音作りに苦労はしないはず。

 

組み合わせは無数

BIAS FX 2では大量のアンプ・エフェクトがあるのに加えて、2台のアンプを並列に配置することもできます。

これが音作りでなかなか役立つ機能で、単体のアンプでは出せない音の深みが出せるんですよね。

ここでアンプ×アンプという組み合わせが発生するので、音作りの幅が相当広がります。

次に書きますがアンプとエフェクトの種類も多いので、音作りの範囲は広すぎて逆に戸惑うレベルです。

なので最初のうちはシステムをいたずらに複雑にしようとせず、シンプルな構成から始めるのをおすすめします。

 

30種類のアンプ・45種類のエフェクト

BIAS FX 2にはStandard、Professional、Eliteという3つのグレードがあります。

上のグレードに行くにしたがって使える機能・エフェクトが増えていく仕様になっています。

と言いつつ、STANDARDでもかなりの数のアンプ・エフェクトを使えます。

具体的には、

  • アンプ:30種類
  • エフェクト:45種類

です。

アップグレードしていくと、使える種類が更に増えます。
(果たしてそんなに使いこなせるのか…)

ちなみに、初代BIAS FX STANDARDのアンプは12種類、エフェクトは30種類でした。同じSTANDARDでも種類がかなり増えているので、そこも初代と2との大きな違いです。

 

新機能

Guitar Match

guitar match

初代BIAS FXにはなく、2から実装された目玉機能の1つが「Guitar Match」です。

これは簡単に言うと、ギターそのものもシミュレートしてしまおうというコンセプト。

Guitar Matchでは、実物のギターのプロファイル(分析情報)を作って、それを元に全く別な種類のギターをシミュレートします。

Guitar Matchの機能も体験版で使えるので試してみてください。

 

ルーパー+レコーダー

ルーパーとレコーダー

ルーパーとレコーダーがセットになった機能も新しく実装されました。

人間はアイデアをはっと思いついても、それを記憶していられるのはホンの数秒だそうです。

せっかく思いついたフレーズを忘れてしまうのはもったいないので、楽曲制作をしている方には特に役に立つ機能です。

 

初代からの機能

BIAS AMP、BIAS PEDALとの連携

BIASシリーズの他のソフトとの連携も初代と同じように出来ます。

簡単に言うと、

  • BIAS AMP(現在は2):使えるアンプの種類を増やす+アンプのカスタマイズ性UP
  • BIAS PEDAL:使えるエフェクトの種類を増やす+エフェクトのカスタマイズ性UP

という感じです。

BIAS FXがシステム全体を構築するメインのソフトで、他の2つはFXをサポートするという位置づけです。

なので最初に1つ導入するとしたらBIAS FXでOK。BIAS FX単体では物足りないときに他の2つの導入を考えてみてください。

 

BIAS FX2に続いて、AMP2も出ました。下記の記事でレビューしています。気になる方はあわせてどうぞ。

bias amp 2 preamp【BIAS AMP 2 レビュー】カスタマイズ性特化のアンプシミュレータ

 

Tone Cloud

BIAS FX 2には、Tone Cloudというプリセットのシェアシステムがあります。

これは何かというと、誰かが作ったプリセット(音作り)をDLしたり、逆に自分が作ったものを公開するシステムです。

これは初代にも実装されていた機能で、2になっても健在です。

 

個人的にすごいと思うのは、このシステムがiOS版BIAS FXとも共通だということです。

つまり、PC版BIAS FXで作ったプリセットをTone Cloudを通じてiOS版BIAS FXに送って使うことも出来るということです。

PCではなくiPhoneやiPadを使いたいという方はiOS版もおすすめです。詳しくは下記の関連記事をどうぞ。

iPad ProでBIAS FX MOBILEを起動している様子BIAS FX MOBILE(iOS版)レビュー【iPadやiPhoneを高音質ギターアンプに】iPadとギター、オーディオインタフェース、ヘッドホンをつないだ様子iPadとギターを接続してシミュレータアプリを使う方法

 

初代に比べて良くなったポイント

BIAS FX 2は、初代に比べて使い勝手も良くなりました。

 

動作が速くなった

初代BIAS FXはアンプやエフェクトの読み込みに若干時間がかかってストレスでしたが、2ではサクサクになっています。

同じSSDの環境で試したので、間違いありません。

 

ウインドウサイズが変更可能になった

ウインドウサイズの変更

初代ウインドウのサイズが固定だったのが、多少変えられるようになりました。

2ではサイズを

  • Standard
  • 125%
  • 175%

の3つから選べます。

 

チューナーが使いやすくなった

チューナー機能

初代BIAS FXのチューナーは感度や反応速度が悪くて、「もっと何とかならないのか」と思っていました。

2ではチューナーのシステム自体がガラッと変わり、使いやすくなっています。

 

無料で試せる体験版がある

BIAS FX 2には(というかBIASシリーズはどれでも)無料で使える体験版があります。

時おりビープ音が入る以外はSTANDARD版の機能を製品版と同じように使えます。

もちろん音質も同じなので、購入前にじっくり試してみてください。

【公式】Demo | Positive Grid

BIAS DEMOBIAS FX/AMP 体験版をダウンロードして使う方法

 

使い方

まずはPCとギターをつなぐ

BIAS FXを使うには、オーディオインタフェースを使ってPCとギターを接続する必要があります。

その方法は下記の記事で詳しく解説しているので、こちらをご覧ください。

オーディオインタフェースエレキギターとPCを接続する方法【オーディオインタフェースを使う】

 

「オーディオインタフェースまだ持ってないんだけど、どれを選んだらいいの?」という方は、下記の記事をご覧いただければ購入の参考になると思います。

オーディオインタフェースエレキギター録音用オーディオインタフェースの選び方

 

スタンドアロンか、プラグインか

BIAS FX 2には大きく分けて、スタンドアロンとプラグインの2種類の使い方があります。

 

スタンドアロンはBIAS FX 2を単体で起動する使い方です。

インストールしてデスクトップに出てきたアイコンから起動すると、スタンドアロン・モードになります。

とりあえず音作りしたいとか、プレイヤーで流している曲に合わせて練習したいという場合はスタンドアロンが便利。

 

一方、録音など楽曲制作を行う場合はDAWの中でプラグインとして使います。

DAWを使いこなす必要があるので、ちょっと知識が必要です。

REAPERというDAWソフトの中でBIAS FXをプラグインとして使う方法を下記の記事で解説しています。

REAPER BIAS FXを適用REAPERでBIAS FXをプラグインとして使う方法

 

おすすめの買い方

BIAS FX 2をはじめ、BIASシリーズのソフトの買い方は実はいくつかの方法があります。

おすすめは、Positive Gridのサイト(海外)で買う方法です。

特にセール時を狙うとかなり安くなります。(セールは割と頻繁にやっている)

買い方については下記の記事で詳しく解説しています。体験版で気に入って、買おうかなという方はぜひご覧ください。

bias softwareBIASシリーズ(FX/AMP/PEDAL)の買い方と注意点まとめ

 

3つのグレード

既に書いたように、BIAS FX 2には3つのグレードがあります。

安くて機能が少ない順に、

  • Standard(99ドル)
  • Professional(199ドル)
  • Elite(299ドル)

です。()内は定価。

例えば1ドル=110円とするなら、

  • Standard:10,890円
  • Professional:21,890円
  • Elite:32,890円

ですね。

 

初代BIAS FXユーザーは割引

初代BIAS FXを持っている場合、上の金額からいくらか割引になります。

僕は初代BIAS FXを持っているので、セールではない平常時では50ドル引きになりました。

 

バンドルで買うという選択肢もある

上のようにグレードで買う以外に、バンドル(他のソフトとのセット)で買う方法もあります。

バンドルは色んなパターンがあってかなりややこしいです。

詳しくは下記URLを参照のこと。

【公式】bundles | Positive Grid

 

おわりに

以上、BIAS FX 2のレビューでした。

色々書いてきましたが、1番のメリットはやはり音質だと思います。

音に関しては言葉では伝わるものではないので、まずは体験版を触ってみてください。

【公式】BIAS FX 2 | Positive Grid

 

上にも書いたとおり、BIAS FX2を使うにはPCとギターの他にオーディオインターフェースという機材が必要です。

これがないと体験版も使えないので、まだ持っていない方はまずオーディオインターフェースからチェックするのをおすすめします。