ただいま一部の記事を別サイトに引っ越し&メンテナンス中です。

【BOSS DS-1 レビュー】設定はシビアだが、王道のディストーションペダル

BOSSのディストーションペダルDS-1

今回は、BOSSのディストーションペダル「DS-1 Distortion」のレビューです。

一番の特徴は、いかにもディストーションという音。典型的なイメージそのままです。

注意点としてツマミ調整のおいしいポイントが狭く、アンプやギターにあわせてシビアに調整する必要があります。

DS-1は1台目のエフェクターとしてよくおすすめされていますが、使いやすさを考えると、私としてはおすすめしづらいです。

 

先に良い点と悪い点をまとめると、次のとおりです。

良い点

  1. THE・ディストーションという音を作れる
  2. ブースターでさらに化ける
  3. 安い(約5000円)

 

悪い点

  1. ツマミのおいしいポイントが狭い
  2. ノイズが気になる
  3. アンプとの相性でずいぶん音が変わる

 

以下、これらのポイントについて詳しく見ていきます。

DS-1の良いところ

THE・ディストーションという音

DS-1の音を一言で言うと、「なんか聞いたことがあるようなディストーション」。これに尽きます。

世の中には色んなディストーションペダルがありますが、私の感覚では、DS-1の音はそれらの平均を取ったようなイメージです。

私の使い方では、歪みを調整する「DIST」ツマミは3時~MAXです。
(アンプやギターによって微調整)

それ以下の音も悪くないのですが、DS-1の真価はやっぱりその辺りにあるなと思います。

なので、DS-1はがっつり歪ませる目的で買うのをおすすめします。中途半端な歪みの度合いをメインの目的で買うのはあまりおすすめしません。それだったらもっと別な選択肢もあるかも…。

歪みの質としては「カラッ」とした感じで、特にシングルコイルで鳴らしたときの音が好みに感じました。

 

ブースターでさらなる高みへ

DS-1の歪みはそれ自体も良いのですが、前にブースターをかませるとさらに化けます。

具体例としては、同じくBOSSのSD-1(名前が紛らわしい)を、

  • LEVEL最大
  • DRIVE最小
  • TONE任意

で組み合わせると、さらに良い感じの歪みになりました。

DS-1とSD-1

まぁこれはDS-1のメリットであると同時に、SD-1の力でもあるのですが…。

DS-1のカラッとした感じに厚みが加わるため、こういう使い方を想定しておくのもおすすめです。

BOSSのオーバードライブペダルSD-1【BOSS SD-1 レビュー】ブースターとして優秀なオーバードライブペダル

 

安い:5000円+税

DS-1はとにかく安い。新品でも5000円+税くらいです。
(中古で高値がついているものはおそらく昔の日本製。今は台湾製)

これからDS-1の気になる点についても正直に書いていきますが、この値段を考えると許せちゃいます。

2万円くらい出せばけっこう良いディストーションペダルが買えちゃいます。その価格帯になるとやはりそれだけモノは良いです。

その一方で、5000円でDS-1が買えてしまう。エフェクターはコスパで選ぶものでもないと思うのですが、DS-1のコスパは異常に高いです。

 

DS-1の悪いところ

良いところだけでなく、悪いところも。

おいしいポイントが狭い

上の良いところでは、王道のディストーションサウンドが作れる、と書きました。

それは事実なのですが、DS-1の欠点としてツマミ調整によっては簡単に音が崩壊します。

ある程度コツを押さえた上でセッティングしないと、とてもじゃないですがいい音にはなりません。そういうエフェクターなのです。

それゆえに私は個人的にDS-1のことを「暴れ馬」と呼んでいます。

 

一番やっかいなのが、TONEツマミ。

「TONEは基本的に12時以降にはしない」というのを守れば崩壊はしないと思います。アンプによっては14時くらいでもOKなことも。

10時~12時の間でちょっと動かしただけでけっこう音が変わるので、微調整が必要です。調整が大変な分、ピタッと合ったときの音が良いので頑張ってください。

 

環境によっては、DISTを上げすぎるとノイズみたいな音にもなります。もちろんMAXまで上げても良い状況もあります。

こればっかりはギターやアンプとの相性なので、ケースバイケースで調整してみてください。

 

エフェクターによっては「全部12時でいきなり使える音」っていうこともありますが、DS-1はそういうタイプじゃないなと思います。

とはいえ、実質TONEとDISTを調整するだけなのでそんなに大変なことではありません。

 

ノイズが気になる

ノイズは割と多い方かなと思いました。特にDISTを高く設定すると気になります。
(私の環境のせい?)

5000円という低価格なので、個人的には許せる範囲です。

DS-1をベースに開発されたDS-1Xが低ノイズを謳っている(うたっている)のは、DS-1のノイズを意識してのことかもしれません。

 

アンプとの相性で音がけっこう変わる

アンプとの相性で音が変わるというのは全てのエフェクターで言えることですが、個人的にはDS-1はその傾向が強い気がしました。

超具体的な例なのですが、私が持っている自宅用アンプでいうと

  • ORANGE MICRO TERROR→とても良い
  • CARVIN V3M→良い
  • LANEY IRT-STUDIO→微妙
  • VOX Pathfinder 10→悪い

という感じでした。

ここでいう相性が微妙・悪いケースでは、なんだか音が「テープっぽい」感じになってしまいます。

DS-1の悪い部分だけが強調される感じで、アンプ・エフェクターをどういじってもその感じが抜けませんでした。
(私が使いこなせてないだけという可能性もありますが)

逆に、ORANGE MICRO TERRORとの相性はなぜかバツグンに良い感じ。アンプの暖かい音とDS-1のカラッとした音が補い合って、好みの音になりました。

エフェクターとアンプの相性は試してみるまで分からないので、これらは具体例として参考までに。

 

バリエーションと進化版

台湾製と日本製

上でも触れたとおり、現行のDS-1は台湾製(MADE IN TAIWAN)です。底面に書いてあります。

中古を探せば昔生産されていた日本製もまだ見つかります。私は使ったことはありませんが、音はけっこう違うんだとか。

 

40週年記念モデル DS-1-4A

普通のDS-1とは別に、コンパクトシリーズ40周年を記念して作られたDS-1-4Aというモデルがあります。

DS-1はオレンジ色ですが、DS-1-4Aは黒色がメイン。

オレンジ色の方は今後も変わらず手に入ると思うので、今から買う方でコレクター精神をお持ちの方はこっちがいいかも…。

ただ、中身が同じなのに値段がちょっとだけ高いんですよね。

 

DS-1X

DS-1をベースに新たに作られたのがDS-1X

どちらも持っている身から言うと、DS-1とDS-1Xは似てはいるものの、別物ですね。

DS-1Xでは、DS-1にあった良くも悪くも荒々しい部分がなくなって、上品な感じになっています。

ちなみに、値段はDS-1の3倍(15000円)くらいします。

BOSS DS-1X【BOSS DS-1X レビュー】上品な歪みの優等生エフェクター

 

おわりに

以上、BOSSのディストーションペダルDS-1のレビューでした。

まとめると、DS-1は「セッティングでコツを掴めば王道のディストーションが出せるエフェクター」です。

5000円と安価ですので、気になった方はぜひチェックしてみてください。

初心者の方には個人的におすすめできません。

エレキギター用エフェクターエフェクターのレビュー【まとめ】