ただいま一部の記事を別サイトに引っ越し&メンテナンス中です。

【JOYO US DREAM レビュー】4000円のsuhr riotクローン

JOYO US DREAM

今回は、JOYO(ジョーヨー)のディストーションペダル「US DREAM」のレビューです。

本来2万円くらいするsuhr(サー)のエフェクターriotのクローン。

結論としては、本家と比べて音に差があるとしても、4000円でこの歪みが手に入るなら文句のつけようがないと思います。

ただし、今となっては同じくriotクローンのDonner Morpherの方がおすすめです。こちらの方がほぼ上位互換になっています。

良いところ

扱いやすいディストーション

suhr riotの基盤をパクっているため、音はやっぱり良いです。普通に使えます。

音の系統は典型的なディストーションです。

ディストーションの定番といえばBOSS DS-1がよく挙げられますが、この2つを比べた場合、次のように違うと思いました。

  • DS-1はカラッとした音。まさにエフェクターという歪み。
  • US DREAMは中音域が強調された音。アンプっぽい(アンプライクな)歪み。

 

US DREAMの音の表現の幅はそれほど広くないと思います。

ただ私はエフェクターにたくさんの音を求めておらず、「このエフェクターならこの音」という1つのセッティングが得られれば十分と考えています。

US DREAMは何も考えず適当にセッティングしてもすぐ使える音が出るため、特に扱いやすい部類のエフェクターだと感じました。

 

安い:4000円

上に書いたように音が良いという前提のもとで、値段が安いのも大きな長所です。

本家suhr riotがおよそ2万円。US DREAMはおよそ4000円。ざっくり言うと5分の1です。

詳しくは後ほど書きますが、US DREAMは確かに本家に及ばない点はあります。

それでも5分の1の値段でこれだけ使える音が出るなら十分過ぎると思います。

 

悪いところ・気になるところ

逆にデメリットとしては、細かいことしかありません。

値段が1万円とかならいろいろ突っ込みたくはなるのですが、なにせ4000円ですから。細かいことは正直どうでもいいレベルに思えます。

 

電源ケーブルの挿入口が右側面

電源ケーブルを差し込む穴が右側面の微妙な位置にあります。riotは普通に上側面にあるんですけどね。

環境によっては面倒くさく感じるかもしれません。

JOYO US DREAMの電源ケーブル挿入口

 

耐久性が心配

中華ブランドということもあり、耐久性はどうなんだろうと心配になるのが正直なところです。

といっても別に私が持っている個体が壊れたということはなく、これは特に根拠のない不安です。

ボディ(紫の部分)は金属製ですし、ツマミも別に安っぽくはありません。

中国製だと壊れやすい、というのはもはや単なる先入観なのかもしれませんね。

 

クローンとしてはどうなのか?

私は以前、本家suhr riotを持っていたのですが機材整理のために手放してしまいました。

suhr riot

その時の使用感をもとにriotとUS DREAMを比較していきます。

 

riotの方が肉厚

肝心の音については、riotの方が肉厚といいますか、もっとアンプライクな感触でした。

といっても、一概にどっちが良い・悪いという感じではなく、正直好みのレベルかなと思います。

アマチュアが家で練習するくらいならUS DREAMでも十分使えてしまいます。

 

voiceスイッチがない

riotには音色を変える3段階の「voice」スイッチがありますが、US DREAMにはありません。

値段が値段ですから、そこは仕方ないかなという感じです。

上にも書いたように、私は決め打ちで使える1つの音さえあればいいので、別にvoiceスイッチまで実装しなくても文句はありません。
(そりゃあったらあった方がいいですけどね)

 

筐体に高級感がない

 

riotの筐体(ボディ)は「いかにも金がかかってます!」という感じでした。

riotの方はアルミ削り出し、つまりアルミの塊を彫刻のように削る作業で作られています。持ってるだけでテンション上がります。

joyo us dreamの正面

US DREAMの方はもちろんそんなに豪華なわけはなく、製法はダイキャスト(型に金属を流し込んで形作る方法)でしょう。まぁこういうところは仕方ないですよね。

 

今ならDonner Morpherの方が有力

他のriotクローンとして、DonnerというブランドのMorpherというペダルがあります。
(私はまだ買っていません。購入次第レビュー予定)

今から買うならこちらがおすすめです。

 

MorpherとUS DREAMの大きな違いは次の3つ。

  1. 電池がつかえないコンパクトサイズ
  2. 3段階スイッチも実装
  3. 値段が3000円

 

Morpherの方が後に出たせいか、US DREAMのほぼ上位互換のようになっています。

そういうわけなので、今からあえてUS DREAMを買う理由が果たしてあるのか…と思わざるをえません。

中華ブランドvs本家という戦い以外に、中華ブランドvs中華ブランドという競争もあるのですね。恐るべし中国。

 

おわりに

以上、JOYOのディストーションペダル「US DREAM」のレビューでした。

4000円でこの音なのはすごいのですが、今ではDonner Morpher(3000円)に完全に立場を奪われています。

これからriotのクローンを買おうという方はDonner製をおすすめします。

もちろん、やっぱり本家が良いという方はsuhrのriotをどうぞ。私もほしいです。

【エフェクターのおすすめ】買ってよかったエレキギター用ペダル6選