ただいま一部の記事を別サイトに引っ越し&メンテナンス中です。

【JOYO Vintage Overdrive レビュー】普通に使えてしまうTS808クローン

JOYO Vintage Overdrive

今回は、JOYO(ジョーヨー)のオーバードライブペダル「Vintage Overdrive」のレビューです。

Vintage OverdriveはIbanezのTube Screamer TS808の基盤を元にして作られた、いわゆるクローンです。なので当然ながら音は折り紙つき。

それでいて人件費・開発費・材料費を低く抑えているため、価格は4000円程度です。

「チューブスクリーマーが欲しいけど本家にはこだわらない」という方はぜひチェックしてみてください。

 

先にVintage Overdriveの良いところと悪いところをまとめると、こんな感じです。

良いところ

  1. ブースターとしてすごく使える(これに尽きる!)
  2. 安い

 

悪いところ・気になるところ

  1. 見た目がダサい
  2. TONEがほとんど効かない

以下、これらのポイントについて見ていきます。

良いところ

ブースターとしてすごく使える

Vintage Overdriveはブースターとして使ったときに本領を発揮します。

単体で作った歪みも悪くはないのですが、そちらは取り立てて良いと言うほどのものではないかと。

 

私の場合、使い方は1パターンだけ。

  1. DRIVE:MIN
  2. VOLUME:MAX
  3. TONE:12時

ホントに決め打ちでこれだけです。

Vintage Overdriveのツマミ設定

 

これを他のエフェクターやアンプで作った歪みの前に置いてあげると、元の歪みがジューシー(肉汁がしたたるような感じ)になって気持ちがいいです。

私の場合、Vintage Overdriveの設定はこのままで、あとはメインで歪みを作っているエフェクターやアンプで微調整しています。

というより、後で詳しく書きますが、このペダルのTONEツマミはほとんど意味をなしていないため、調整のしようがないと言った方が正しいです。

 

組み合わせる対象はエフェクターでもアンプでも、私が試したものでは何でもOKでした。

相手を選ばず、いつでも活躍してくれると思います。

 

安い:約4000円

最初にも書いたとおり、Vintage OverdriveはIbanez TS808のクローンです。それゆえに4000円という破格の値段を実現しています。

本家はこちら↓

既にある製品をコピーするにあたっては開発費がほとんどかかりません。どんな基盤にすべきかは、もう答えがあるわけです。

[aside]

基盤には著作権が及ばないため、クローンは作り放題なのが現状です。

[/aside]

 

JOYOは中国の企業が持つブランドです。人件費を安くおさえたり、安いパーツを使ったりしているのではないでしょうか。じゃないと、ここまで安く出来ないですよね。

本家TS808を約12000円とすると、Vintage Overdriveは3分の1の値段になります。

私はTS808を触ったことはないのですが、クローンであることを抜きに考えると4000円でこの音が出せるというのはすごいです。

 

悪いところ・気になったところ

逆に悪い面についても書いていきます。

見た目がダサい

実用上問題はないのですが、見た目がダサいです。

JOYO Vintage Overdrive

TS808を意識して本体を緑色にしたのは良いのですが、黄色いツマミがなんともミスマッチしている気がします。

私はこのペダルを見たとき、「はらぺこあおむし」を思い出しました。

ツマミはプラスチック製ですが、本体(緑)は金属製で頑丈です。

 

TONEツマミがほとんど効かない

このペダル、TONEがほとんど意味をなしていません。

  • 7時(MIN)~9時:モコモコ
  • 10時~16時:普通。音はほとんど変化なし
  • 16時~17時(MAX):一気に高音がキツくなる

この安さなので別に気にはしませんが、これ自体のTONEには期待しないことをおすすめします。

 

おわりに

以上、JOYOのオーバードライブペダル「Vintage Overdrive」のレビューでした。

「なるべく安くTS系のオーバードライブがほしい」という方にはマッチする1台です。

逆に、ブランドにこだわる方にはおすすめできません。TS808を買いましょう。

皆さまの参考になれば幸いです。

【エフェクターのおすすめ】買ってよかったエレキギター用ペダル6選