Manfrotto スタンドアダプタ MCLAMPレビュー

manfrotto smart clamp

今回は、Manfrotto(マンフロット)のスマホスタンドアダプタのレビューです。

Amazonでは「MCLAMP」と表記されていますが、パッケージには「Smart Clamp」とあるので、ここでもこの名称を使うことにします。

このSmart Clamp自体はスマホを挟む道具で、自立させたり別な三脚に取りつけて使えます。

つまりこのアイテムは、スマホとスタンドをつなぐアダプターという位置づけです。

僕は同社の三脚スタンド「PIXI」と組み合わせて、下のように使っています。

smart clampとスタンド

Manfrotto PIXI レビュー

こんなふうにスマホをホールドできるアイテムをお探しの方はぜひご覧ください。

Smart Clampの作り

まずはSmart Clampがどういう作りになっているか見ていきます。

smart clampの梱包

 

スマホを挟むアイテムなので、それ自体はかなり小さいです。手にすっぽり入るサイズ。

manfrotto smart clamp

大まかな寸法は、

7.5cm × 3.5cm × 2.5cm

です。

触った感じはちょっと安っぽい感じはしました。基本的にプラスティック製です。ただ後で書くようにホールド力は強いのであまり問題には感じていません。

 

重さは28g。

smart clampの重さ

上に見たようにサイズも小さいので、持ち運びに苦労することはまずないでしょう。

 

肝心のスマホを挟む機能について。

幅は最大で8.35cmまで対応しています。

smart clampでスマホを挟む

例えば、かなり大きいスマホであるiPhone XS MAXの幅は7.74cmです。

よほどバカでかいケースを付けない限り、iPhone XS MAXのような巨大スマホにも対応できます。

なので、常識的なサイズのスマホであれば問題なく使えるはずです。

 

ホールド力は、見た目から想像できないくらい強いです。

きちんと挟めていれば、ちょっとやそっとの振動でスマホが外れる心配は全くありません。

ホールド部の赤いパーツはラバー系の素材で、これがスマホに密着します。

Smart Clampをスマホに使ってみる

ここまで見てきたように、Smart Clamp自体はスマホを挟むだけのアイテムです。

実際には、2つ付いている穴のどちらかをスタンドに固定して使います。

この穴は標準サイズになっていて、カメラスタンドなどのネジと適合します。

 

穴の1つがこちら。

smart clampの穴

 

この穴にスタンドのネジを差し込みます。

pixi 接合部

 

すると、このようにスマホをスタンドに固定できます。

smart clampとスタンド

好きな角度で動画を撮ったり、ビデオ通話をするにも便利です。

 

冒頭にも書きましたが、僕が使っているスタンドは同じくManfrottoのPIXIというモデルです。

小さいながら安定性があって、角度調整の範囲も広いのが気に入っています。

レビューを書いていますので、気になった方はそちらもあわせてご覧ください。

manfrotto pixi 【Manfrotto PIXI レビュー】デスク用のシンプルな小型三脚【2000円】

もう1つの穴

Smart Clampには、背面にもう1つ穴があります。

smart clampのもう一つの穴

ただ位置が微妙で、どんなときに使えばいいのかちょっと分かりませんでした。

基本的には先程紹介した側面の方の穴を使えば事足りると思います。

単体で自立もできる

上の写真に映っているとおり、このアダプタには収納式の脚があります。

なので、これを使うと他のスタンド類を使わずに単体で自立することも可能です。

自立するSmart Clamp

スマホをディスプレイ的に使いたいときにはこの角度が便利です。

このスタイルだとそこまで安定性は高くないのですが、サブの機能と考えれば文句ありません。

もしこんなふうに斜めに立てかける使い方がメインなら、以下のようなスタンドが便利です。

Anker スマホ・タブレット用スタンド レビュー

Manfrotto Smart Clampの総評

以上、Manfrottoのスマホ用スタンドアダプタSmart Clampのレビューでした。

スマホを挟んでスタンドに取り付けるという、当初の目的がしっかり果たせたので満足しています。

ホールド力は十分強いですし、値段も1000円と高くはないので質・コスパともに十分です。

こういうふうにスマホを挟んでスタンドに取り付けるアイテムがほしいという方はぜひチェックしてみてください。

 

今回紹介したスタンドはこちら↓