【おしらせ】「ギター」カテゴリの記事は別サイトへ引っ越しました。(クリックで飛びます)

ニトリの本棚「サラ」用の追加棚板を購入・設置。収納スペースを拡張。

ニトリの本棚サラ 全体像

先日購入した、ニトリの本棚「サラ」について。

 

この本棚は、棚板を移動することができ、別売りの棚板を追加することもできます。

そうすることで、収納するものの大きさにあわせて無駄なくスペースを使えるというわけです。

 

今回は棚板を実際に追加してみたので、その様子をご紹介します。

 

別売りの追加用棚板

サラには、可動式の棚板が最初から8枚ついています。

今回、ここからさらに2枚の棚板を追加してみました

 

ニトリの通販では、一枚540円(税込)で買えます。

関連ページ:ニトリ 追加棚板(サラ WH)

 

一つ注文すると、

  1. 棚板1枚
  2. 固定用パーツ4つ
  3. 説明書
  4. 保証書

が入っています。

ニトリの本棚サラ 追加用棚板

 

追加の前後の様子

まずは、追加後の全体像から。

このサラという本棚は、真ん中の棚板は固定で、それ以外は動かせます。

今回は、中央より下に2枚追加して、4段にしました

中央より上はそのまま3段です。

ニトリの本棚サラ 全体像

上側は間隔が広く、下側が狭くなっているのが分かると思います。

 

棚板を追加した部分

こちらが、棚板を追加して3段から4段にした、下側の部分です。

文庫本と漫画が、ややゆとりを持って収まっているのが分かると思います。

棚板の間隔は19cmちょうどでした。

ニトリの本棚サラ 棚板を追加した様子

MEMO

個人的なユースケース
これら19cmの段に、標準的な単行本もギリギリ収まります。
ただ、僕は単行本に付箋をよく貼るので、スペースの関係上、ここには入れていません。
コミック・文庫本のコーナーとしています。

棚板を追加しなかった部分

一方、こちらは棚板を追加していない、もとのままの部分です。

一段の高さが28cmちょうどで、単行本やA4のノートが余裕で収まります。

ニトリの本棚サラ 棚板を追加していない部分

MEMO

個人的なユースケース
僕はビジネス書をよく読むので、この28cm間隔のスペースに入れています。

まとめ

以上、ニトリの本棚「サラ」に棚板を追加した様子についてご紹介しました。

文庫本やコミックなど、小型の本を収納するなら、棚板を追加した方がスペースを無駄なく使えます。

ニトリの本棚サラや、その拡張について興味のある方の参考になればと思います。

 

関連記事:ニトリの本棚「サラ」を購入。7000円でこの品質なら大満足。

関連ページ:ニトリ 本棚(サラ 1977 WH)