【おしらせ】「ギター」カテゴリの記事は別サイトへ引っ越しました。(クリックで飛びます)

SBI証券でNISA口座開設不可の通知が来た件について

先日SBI証券でNISA口座の開設を申し込んだところ、開設不可ということになってしまいました。

どうしてこうなったか?

原因はシンプルで、既に別な証券会社でNISA口座を開設していたからでした。

ただそれだけのことなのですが、今回はこの問題についてまとめておきます。

NISA口座の開設が拒否された場合の参考になればと思います。

SBI証券でNISA口座の開設を申請

海外ETFの取引を行うために、僕はまずSBI証券で一般口座を開設しました。

NISA口座を開設して、その枠内でETFを買い付ければ税金が免除されます。

そのため、早速NISA口座の開設を申請しました。

書類に必要事項を記入して郵送する方法でした。

開設不可のお知らせ

それから、SBI証券のログイン後のページでお知らせが来るのを待ちました。

 

申し込みからしばらくした後、次のようなお知らせが。

SBI証券NISA口座開設不可


要は、

「税務署の審査で開設が出来ないことが決まりました」

ということだそうです。

その理由については、郵送する書類を確認してくれと書いてあります。

というわけで、その書類が届くのを待つことに。

原因:他の金融機関で既にNISA口座を持っていた

それからまたしばらくして、SBI証券から封筒が届きました。

SBI証券から届いた封筒

中には、税務署とSBI証券が発行した書類が1枚ずつ入っていました。

SBI証券発行の書類によれば、

(略)…、基本的にお客さまがNISA口座を他の金融機関で先にお手続き頂いているため、現状当社においてはNISA口座を開設できない旨の通知となります。

だそうです。

 

記憶からは抜け落ちていたのですが、そういえば2016年(2年前)に、楽天証券でNISA口座を開設していたのです。

(そのときは個別株を買い付ける予定で開設していたのですが、結局何もせず、NISA枠には全く手を付けずにいました)

 

SBI証券の書類に対処法が書いてあり、もしSBI証券でNISA口座を開設したいなら、まずは楽天証券の方で変更手続きをする必要があるようです。

後日談:計画変更

そういうわけで、SBI証券でNISA口座を開設できなかった理由がはっきりと分かりました。

ところで、結局その後気が変わりまして、楽天証券でETFではなくインデックスファンドに投資することにしました。

そのため、ここに書いた一件は最終的にどうでもよくなったのです。

また、楽天証券ではNISAではなく「つみたてNISA」を利用することにしたため、その手続きを別途進めました。

まとめ

以上、NISA口座の開設が否認された一件について書きました。

問題をまとめると、

  • 証券会社AでNISA口座を開設している状態で、証券会社BでNISA口座開設を申請しても拒否される
  • 証券会社BでNISA口座を開設したいなら、まずは証券会社Aで手続きをする必要がある

ということでした。

NISA口座の開設について、同じような状況の方の参考になればと思います。