【おしらせ】「ギター」カテゴリの記事は別サイトへ引っ越しました。(クリックで飛びます)

楽天証券で海外ETFを買う方法【バンガードS&P500ETF VOOを例に解説】

楽天証券 ETF VOO

今回は、楽天証券で海外のETFを買う方法について解説します。

ここでは例として、ぼくが購入したバンガードS&P500ETF(ティッカー:VOO)を例にとってみます。

 

買いたいETF(VOO)を検索

まずは、楽天証券で買いたいETF(バンガードS&P500ETF)を探します。

ティッカー(VOO、VTIのようなコード)が分かれば、トップページの検索ボックスに入力すれば自動でレコメンドしてくれます。

楽天証券 VOOを検索

こんな感じで、バンガード・S&P500ETF(VOO)が見つかりました。

気になる商品はお気に入り銘柄登録をしておくと、あとからすぐにアクセス出来るのでおすすめです。

楽天証券 VOO

ETFの買い注文

ここから、ETFを実際に買う手続きを見ていきます。

1.ETF(ここではVOO)の商品ページで、「買い」をクリック

楽天証券 ETF VOO

2.円貨買付可能額をチェック

買い注文の受付ページでは、「円貨買付可能額」という欄に注目してください。

これは、海外ETFを買いつけられる金額(単位:円)です。

もし海外ETFを買うのが初めてなら、0円になっているはずです。

楽天証券 VOO 買い注文

ややこしいのは、楽天銀行と楽天証券でマネーブリッジ(スイープ)を設定していても、円貨買付可能額は自動で増えないという点です。

そのため、円貨買付可能額を補充する際には、手動で入金します。

3.円貨買付可能額を入金

上のページで「入金」をクリックすると、円貨買付可能額を銀行口座から入金できます。

入金元の銀行は色々選べます。

楽天証券 円貨買付可能額 入金

 

今回は、楽天銀行から10万円を入金してみます。
楽天経済の恩恵にフルに預かるなら、楽天証券と楽天銀行の口座はどちらも持っておくべきでしょう

楽天証券 楽天銀行からリアルタイム入金

 

入金はリアルタイムで反映されます。

先ほどの画面に戻ると、円貨買付可能額が0円から10万円になっています。

楽天証券 10万円入金後

ETFの注文設定

これでようやく、ETFを注文する準備が整いました。

今回は、10万円を上限として買えるだけ買いつけてみました。

数量を入力すると、予想受渡代金が計算されます。

今回ですと、3株で98,327円になり、図らずもキリがよくなりました。

楽天証券 VOO買付

ここでは、その他の設定は、

  • 価格:成行
  • 決済方法:円貨決済
  • 口座:特定

としました。

あとは、注文内容を確認して、取引暗証番号を入力して注文完了。

 

いくらか時間をおいて保有資産一覧を確認すると、特定口座内に3株のVOOが確認できます。

楽天証券 保有資産ETF

まとめ

以上、楽天証券でVOOをはじめとする海外ETFを買う方法について書きました。

手順をざっくりまとめると、

  1. 買いたいETFを探す(ティッカーで検索すると早い)
  2. 円で決済するなら、円貨買付可能額をチャージ
  3. 予想受渡代金を確認しながら数量を決めて購入

という流れになります。

楽天証券で海外ETFを買ってみたい方の参考になればと思います。