DVDを使ってWindow10のインストールメディアを作る方法

PCにDVDを入れる様子

 

この記事では、Windows10のインストールメディアをDVDを使って作成する方法を解説します。

画像は、私が実際にDVDのインストールメディアを作った際のスクリーンショットです。

 

インストールメディアを作ると、OSをまっさらな状態でインストールする「クリーンインストール」が出来ます。

HDDをSSDに換装する予定の方などの参考になれば幸いです。

 

必要なもの

以下で解説する手順の中で必要なものは、次の3つです。

  1. 作業するPC
  2. ネット環境
  3. 空のDVD

 

私はWindowsのPCで作業しました。Macでは未検証です。

必要なデータをネットを通じてダウンロードするため、ネット回線は必須です。

DVDは空の状態のものを用意してください。録画用ではなくデータ用を選んだ方が無難だと思います。

 

 

手順1.メディア・クリエーション・ツールをDLする

Windowsのインストールメディアを作るには、Microsoftが公開している「メディア・クリエーション・ツール」というソフトを使います。
(以下、ツールと表現します)

 

このソフトはMicrosoftのページからダウンロードできます。

まずは下記のURLにアクセスしてください。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

 

「ツールを今すぐダウンロード」というボタンがありますので、これをクリックしてください。

すると、ツールのDLが始まります。

windows10用のメディアクリエーションツールDLページ

※ここでDLするのはWindows10そのものではなく、インストールメディアを作るためのただのソフトウェアです。

 

手順2.インストールメディアを作る

ツールをDLしたら、起動してください。

ここからスクリーンショットを使って、操作をご説明します。

 

条項に同意する

最初の画面では内容を確認して「同意する」をクリック。

メディアクリエーションツールのライセンス条項に同意する画面

 

インストールメディアを作成する方を選ぶ【重要】

次の画面では、2つ目の「別のPCのインストールメディアを作成する」を選んでください。

今回はDVDを使ってインストールメディアを作る手順を解説しますが、USBメモリを使う場合でも同じ選択肢を選びます。

2つ目にチェックが入っていることを確かめて「次へ」をクリック。

メディアクリエーションツールでインストールメディアを作る方を選択する画面

 

OSの仕様を選ぶ

次は用意するインストールメディアの仕様を選びます。

よほど特別なケースでない限り、下の通りで「次へ」をクリックしてOKです。

  1. 日本語
  2. Windows10
  3. 64ビット

メディアクリエーションツールで環境を選ぶ画面

 

ISOファイルを選ぶ

今回はUSBメモリではなくDVDを使うことを前提としています。

そのため、下の画面では「ISOファイル」を選んでください。

このISOファイルを後でDVDに書き込むことで、インストールメディアが完成します。

ISOファイルの方にチェックが入っているのを確かめて「次へ」をクリック。

メディアクリエーションツールでUSBメモリかISOファイルを選ぶ画面

 

ISOファイルを保存するフォルダを選ぶ

上の画面で「次へ」をクリックすると、ISOファイルをDLして保存するフォルダを選ぶことになります。

ファイル名は好きに変えてもかまいません。フォルダも任意の場所を選んでください。

フォルダを選んだら「保存」をクリックします。すると、ISOファイルのダウンロードが始まります。

メディアクリエーションツールでISOファイルを保存する場所を選ぶ様子

 

DLとメディアの作成が終わるのを待つ

ここから、ISOファイルのダウンロードが終わるのを待ちます。

DLされるファイルのサイズは私のときは3.81GBでした。

メディアクリエーションツールでISOファイルをダウンロードしているときの画面

 

ダウンロードが終わると、「Windows 10のメディアを作成しています」と表示されます。

これも終わるのを待ってください。

メディアクリエーションツールでメディアを作成しているときの画面

 

ISOファイルをDVDに書き込む

しばらく待つと、下のような画面になります。

ここで、「DVD書き込み用のドライブを開く」をクリックしてください。

メディアクリエーションツールでドライブを開く画面

 

すると、下のようなウインドウが新しく出てきます。

PCに空のDVDをセットして、「書き込み」をクリックしてください。

「書き込み後のディスクの確認」はチェックしておいた方が無難と思われます。

Windows10のISOファイルをDVDに書き込む画面

 

書き込みが終わったら作業終了

DVDにファイルを書きこんでいる間、私の環境では大きな回転音がしていました。

しばらく待つとDVDへの書き込みが終わり、下の画面になります。

「ディスクイメージがディスクに正常に書き込まれました」のメッセージを確認したら、「閉じる」をクリックしてこのウインドウを閉じましょう。

Windows10のISOファイルをDVDに書き込み終わった画面

 

まだ紫色の画面ウインドウは残っているはずです。

必要な作業はもう終わったため、こちらのウインドウも「完了」をクリックして閉じましょう。

メディアクリエーションツールの最後の画面

 

おわりに

以上で、Windows10のDVDのインストールメディアが完成しました。おつかれさまです。

一度インストールメディアを作っておくと、Windows10をクリーンインストールするときに何度でも使えます。ぜひご活用ください。