【おしらせ】「ギター」カテゴリの記事は別サイトへ引っ越しました。(クリックで飛びます)

コンプライ アジアンフィットTS-100 レビュー【音のリアリティ&遮音性アップ】

こんにちは。ぽうです。

イヤホンWestone W40の購入にあわせて、これに適合するコンプライのイヤーチップを買ってみました。

アジアンフィット TS100という製品です。

今回は、このイヤーチップを使った感想をお話しします。

 

環境

PC⇒ポータブルアンプCHORD Mojo⇒W40という環境で曲を聴きました。

場所は静かな部屋です。

比較対象となるイヤーチップはそれまで使っていたW40の付属品になります。

W40にはたくさんのイヤーチップが付属しているのですが、僕が使っていたのは最初から付いていたスタンダードなタイプのものです。

装着感は快適

コンプライは非常に柔らかく伸縮性のある特殊ウレタン素材で出来ているので、W40付属のシリコン製のものに比べて、耳にピタッとフィットする感覚は顕著です。

柔らかい素材なので、ピタッとフィットしても耳を強く圧迫するという感じはありません。

ただ、コンプライを装着する際は、一度くしゃっと小さく潰して耳に入れ、再び広がるのを待つ必要があるので、その点はちょっと面倒です。

長い間連続して聞き続ける場合はいいのですが、頻繁にイヤホンを取ったり着けたりするシチュエーションなら、コンプライではなく普通のイヤーピースの方が向いています。

遮音性はさらに向上

耳にジャストフィットするので、遮音性もピカイチです。

W40付属のイヤーピースでもかなりの遮音性だったのですが、コンプライを使うと外部の音や振動がさらにシャットアウトされます。

外部の音だけでなく振動までもが耳から伝わってこないので、屋外だと逆に危ないのではないかと思うくらいです。

僕は(紛失や破損防止のために)W40を屋内でしか使わないのですが、人が近づいてきたときの足音やその振動が全く聴こえません。

そのため、リスニングへの没入感も当然向上しました。

 

音質

耳とイヤホンの間の密閉度が上がったせいか、音を実際に聴いているときの感覚に近くなりました。

つまり、音の勢いや圧力がロスなくそのまま耳に届く感じがあります。

ボーカルについてはそれほど変化を感じなかったのですが、楽器の音を聴くときのリアリティはかなり増します。

個人的にはドラムの音を聴くのが楽しくなりました。

まとめ

以上が、僕がコンプライを実際に使ってみた感想です。

音質の点でいえばものすごく明らかな変化というわけではなく、イヤホンやポタアンによる変化に比べると地味です。

しかし、装着感・遮音性だけはイヤーチップでしか改善出来ません。

そのため、イヤホンなどのステップアップの前にコンプライに投資しても恩恵は十分得られます。

 

コンプライまとめ
  • 装着がちょっと面倒
  • 優しくジャストフィットして装着感バツグン
  • 振動さえもシャットアウトするため、外で使うのは危険なレベルの遮音性
  • 音のリアリティUP(特に楽器)