【おしらせ】「ギター」カテゴリの記事は別サイトへ引っ越しました。(クリックで飛びます)

Android端末でUSB-DACを使う方法【スマホ・タブレットを高音質プレイヤーに】

AndroidとUSB-DACを接続する

今回は、Android(アンドロイド)端末でUSB-DACを使う方法を解説します。

USB-DACというのはざっくり言うと、プレイヤーからデジタル出力された音声をアナログ信号に変換する装置です。

どういうメリットがあるかというと、USB-DACがあればオーディオ的にはショボいAndroid端末も一瞬で高音質プレイヤーに早変わりします。

この記事では具体例として、人気のUSB-DAC内蔵のポータブルアンプCHORDのMojoを使います。

chord mojo

【CHORD Mojo レビュー】ユニークな見た目の高音質USB-DAC

 

AndroidとUSB-DACでオーディオを楽しみたい方はぜひご覧ください。

iPhoneやiPadといったiOS端末での使い方はこちらをどうぞ↓

ipadとUSB-DACを接続した様子 【iPhone,iPadでUSB-DACを使う方法】カメラアダプタを使えばOK。

必要なもの

まずは、必要なものをチェックしましょう。

AndroidでUSB-DACを使うのに必要なものは次の4つです。

  1. OTG対応のAndroid端末(スマホ・タブレットどちらもOK)
  2. OTG対応のUSBケーブル
  3. USB-DAC(※)
  4. イヤホン・ヘッドホン

 

この記事では、以下の製品を具体例として使います。

  1. ASUS ZenFone 2 Laser
  2. エレコム USBデジタルオーディオケーブル
  3. USB-DAC内蔵のポータブルアンプ CHORD Mojo
  4. イヤホン Westone W40

この記事の説明ではこれらの製品を使いますが、どんな機器を使ってもやっていることは本質的には同じです。

仕組みや機器の揃え方を理解していただければ、お好きな組み合わせで使うことができます。

以下、上に挙げた4つのアイテムについて詳しく解説します。

 

【必要なもの1】OTGに対応したAndroidスマホ

Androidスマホ

まずは、Android端末について。

USB-DACを接続して使うためには、Android端末が「OTG」という規格に対応している必要があります。

OTG(On-the-Go)とは、ここではスマホやタブレットにUSB-DACを直接つなげて使うための規格(決まりごと)だと考えればOKです。

他の例だと、Android⇔キーボード、Android⇔デジタルカメラといった組み合わせで接続する場合も、端末がOTGに対応している必要があります。

 

この記事の内容とは直接関係ありませんが、下記の記事ではOTG機能で出来ることをご紹介しています。

SDカードリーダーとAndroid Android端末でOTG機能を使う方法とその具体例

 

AndroidがOTGに対応しているか調べる

全てのAndroidスマホがOTGに対応しているわけではありません。

なのでまずは、使おうとしているAndroidがOTGに対応しているか調べましょう。

Google Playストアで「USB OTG」と検索すると、OTGに対応しているか調べられるアプリがたくさん出てきます。

どれでもいいのですが今回は、USB OTG Checkerという無料アプリを使います。

 

USB OTG Checkerの使い方

USB OTG Checkerの使い方は簡単。アプリをインストールして、起動するだけです。

この記事で具体例として使うZenFone 2 Laserの場合は、下のように表示されました。

このように緑のチェックマークが表示されれば、そのAindroid端末はOTGに対応しています。よって、ここでご紹介する方法でUSB-DACを使えます。

一方、この時点でOTGに対応していないと判明した場合、残念ながらここで紹介する方法は使えないと思ってください。

【必要なもの2】OTG対応のUSBケーブル

オーディオ用USBケーブル

続いて、Android端末とUSB-DACを接続するケーブルについて。

Android端末と同じく、USBケーブルもOTGに対応していなければなりません

普通のUSBケーブルは基本的にOTGには対応していないと考えてOKです。

 

今回具体例として用いるのは、こちらのエレコムのオーディオ用USBケーブル。

このケーブルはOTGに対応していることが明記されています。

 

MEMO

世の中には「オーディオ用USBケーブル」というものが存在しますが、別にオーディオ用でなくても音楽は普通に聞けます。

とりあえず試すくらいならオーディオ用である必要は全くありませんし、後ほど解説する通り安く済ませる方法もあります。

 

スマホとUSB-DACの端子に合わせる

OTG対応のUSBケーブルを選ぶ際には、使うスマホとUSB-DACの端子に形状を合わせる必要があります。

例えば、今回使うAndroidスマホのUSB端子はMicro-B(メス)です。

ここから音声データがデジタル出力されます。

ZenFone2Laser USB端子

 

続いて、USB-DACの具体例として使うMojoをチェック。

CHORD Mojo 入力端子

CHORD Mojoには、コアキシャル、USB Micro-B、オプティカルの3つの入力端子が備わっています。

今回は一番ポピュラーな端子であるMicro-B(メス)を使います。
(左から2番目。左から3番目のMicro-Bは充電用)

 

というわけで、今回用いるOTGケーブルは、Micro B(オス)⇔Micro B(オス)ということになりますね。

上に紹介したケーブルはこの仕様になっています。

 

現状、Android端末のUSB端子はMicro-BかTYPE-Cのどちらかだと思います。

USB-DAC内蔵のポータブルアンプの入力用USB端子はMicro-Bが多い印象ですが、中にはそうでないものもあります。

使う端末の端子はあらかじめチェックしておいてください。

 

接続する際の注意

ケーブルの使い方で、注意点が1つ。

端子の形状が両端で同じだとしても、OTG対応の側をスマホに挿す必要があります。

上でご紹介したケーブルの場合、PLAYERと書いてある方がOTGに対応しています。こちら側をスマホに挿さないと、音が出ません。

 

アダプタを使う方法も紹介

ケーブルを買わずとも、既に持っているUSBケーブルを活用する方法もあります。

こちらのようなOTG対応のアダプタをつかえば、ケーブルごと新たに買う必要はありません。

OTGアダプタ

僕が持っているのはこちらの製品↓

 

このアダプタとよくあるUSBケーブル(Micro B⇔USB Type-A)をつなげば、先ほど紹介したオーディオケーブルと全く同じ役割を果たします。

OTGアダプタを装着したUSBケーブル

アダプタを使う場合も、挿す側が決まっていることに注意してください。OTGに対応しているのはアダプタの方なので、アダプタ側をスマホに挿します。

OTG対応のケーブルを買うよりもアダプタを買う方が安上がりだと思います。なので、安く済ませたい方にはおすすめです。

【必要なもの3】USB-DAC(ポータブルアンプ)

USB-DACについては、入出力端子をチェックすればOKです。

今回用いるCHORD Mojoであれば、

  • 入力:USB Micro-B(Micro USBとも)
  • 出力:ステレオミニジャック

となっています。

 

上でも確認したとおり、入力端子にはUSB Micro Bを使います。Android端末からデジタル出力された音楽データをここで受け取ります。

CHORD Mojoの出力端子は普通のイヤホンが挿せるステレオミニジャックです。
(CHORD Mojoは出力用の穴が2個ある特殊な仕様になっています)

お気づきの方もいるかもしれませんが、ここで使うのはUSB-DACとアンプがセットになった製品です。USB-DAC内蔵ポータブルアンプと言われたりもします。

 

【必要なもの4】イヤホン・ヘッドホン

Westoneのイヤホンw40

イヤホン・ヘッドホンは何でもOKです。

具体例を挙げるまでもないのですが、ここでは僕のお気に入りであるWestone W40を使います。普通の仕様のイヤホンです。

 

接続する

AndroidとUSB-DACを接続する

ここまでで、必要な機材の説明は終わりました。

では次にこの4つのアイテムを次の順番で接続します。

Androidスマホ ⇒OTGケーブル ⇒ USB-DAC ⇒ イヤホン

接続自体は難しいポイントはないと思います。

ただ1つ、繰り返しますがケーブルの向きに注意してくださいね。OTGに対応している側をAndroid端末に挿します。

 

音楽アプリで再生

今回、検証のために以下のアプリで実際に音が出ることを確認しました。

今回使ったデバイスでは特別な設定は必要なく、AndroidとUSB-DACを接続した時点で自動的にデジタル出力に切り替わりました。

ドライバなどについて考える必要はないと思います。

一部の音楽プレイヤーアプリでは、設定画面でUSBオーディオ出力を選択できるものもあります。

もし接続しただけでUSBから出力されない場合、そこで設定してみてください。

 

Google Play Music

Spotify(無料バージョン)

ONKYO HF Player(有料版)

Poweramp(有料版)

YouTube

おわりに

以上、AndroidでUSB-DACを使う方法を解説しました。

もう一度まとめると、次のものが必要になります。

  1. OTG対応のAndroid端末(スマホ・タブレット)
  2. OTG対応のUSBケーブル
  3. USB-DAC
  4. イヤホン・ヘッドホン

USB-DACを使うことで、本来オーディオ機器ではないスマホやタブレットを高音質プレイヤーとして使うことが出来ます。

普段使っているスマホのリスニング環境をレベルアップしたい方はぜひお試しください。

iOSの場合はこちらをどうぞ

この記事ではAndroid端末でUSB-DACを使う方法を解説しました。

iPhoneやiPadといったiOS端末での使い方は下記の記事で紹介しています。Appleユーザーの方はこちらもどうぞ。

ipadとUSB-DACを接続した様子 【iPhone,iPadでUSB-DACを使う方法】カメラアダプタを使えばOK。