【AirPodsをリセットする方法】背面ボタンを15秒くらい長押しする

AirPodsをリセットする様子

この記事では、AppleのワイヤレスイヤホンAirPodsをリセットする方法を解説します。

結論から書くと、

「ライトが白→オレンジ→白と変わるまで15秒くらい背面ボタンを押し続ける」

でOKです。

以下では、次の2点について掘り下げていきます。

  • AirPodsのリセット手順(写真付きで解説)
  • リセットするとどうなるのか

検証機:Apple AirPods with Chargin Case(2019年モデル)

リセットする方法

最初に書いた通りやること自体は簡単で、AirPodsをリセットするには15秒くらい長押しすればOKです。

リセットの作業中は、充電ケースのLEDの色に注目します。

このLEDは基本的にAirPods本体と充電ケースの電池残量を示すものですが、ペアリングやリセットにも使われます。

手順1.背面ボタンを長押し

まずはAirPods本体(イヤホン)を充電ケースに入れます。

その状態でフタを開き、背面ボタンを押し続けてください

ボタンは下の写真に示したあたりにあります。

AirPodsの背面のボタン

手順2.LEDが白→オレンジ→白に変わるまで押し続ける

背面のボタンを押し続けると、LEDは最初白色に点滅します。

これはAirPodsがペアリングモードになっていることを示しています。

AirPodsのLEDが白色に光っている

 

そのまま10秒くらいボタンを押し続けると、色がオレンジ(橙)色になって3回くらい点滅します。

これがリセットモードになったサインです。

AirPodsのLEDがオレンジ色に光っている

その後、LEDはまた白色に戻ります。

ここまでの所要時間はおよそ15秒くらい。これでリセット作業が完了です。

リセットするとどうなるのか

以上、AirPodsのリセット手順をまとめました。

次に、このようにしてリセットすると何がどうなるのかを解説します。

結論としてはリセットすると以下の変化があります。

  • 全てのペアリングが解除される
  • 全ての設定がデフォルトに戻る

ペアリングが解除される

リセット前にペアリングしていたデバイスには、リセット後は別なAirPodsとして扱われます。

つまり、デバイス(iPhoneなど)上ではリセット前のAirPodsが項目として残っているけれど、それと接続しようとしても出来ないということです。

そのため、また使うにはもう一度ペアリングをしなければいけません。

AirPodsの設定がデフォルトに戻る

AirPodsはイヤホン本体の挙動をカスタマイズする機能があります。

設定できるのは、

  1. デバイス上に表示する名前
  2. ダブルタップ時の操作(左右別々に)
  3. 自動耳検出ON/OFF
  4. 使うマイクの切り替え

の4つです。

リセットすると、これらの設定が全て初期値に戻ります

2019年モデルの初期初期設定はこちらです↓
(iPad Proで確認)

airpodsのデフォルト設定

 

検証として、下のように全ての設定を変えてみました。

airpodsの設定を変更

この状態でリセットしたところ、デフォルトの設定に戻りました。

このように、リセットすると名前、ダブルタップ操作、自動耳検出、マイクの全てが初期値に戻ります。

おわりに

以上、AirPodsのリセット方法と具体的な変化について解説しました。

この記事で検証として使ったのは僕が持っているAirPods with Chargin Case(2019年モデル)なので、2016年モデルとは違う点があるかもしれません。そこはご了承ください。

何らかの理由でAirPodsをリセットしたい方の参考になればと思います。

あわせてどうぞ

下記の記事ではAirPodsでダブルタップができないときのコツを僕の経験をもとに解説しています。

AirPods2 AirPodsのダブルタップが出来ないときの対処法【強めのタップがコツ】

 

AirPodsを様々なデバイスで使う方法を以下の記事でまとめています。気になった方はぜひあわせてご覧ください。

AirPodsとiPad Pro 【iPhone・iPadでAirPodsを使う方法】ペアリングから動作設定まで 【AndroidでAirPodsを使う方法】設定と出来ること&出来ないこと PCとAirPods 【Windows PCでAirPodsを使う方法】Bluetoothアダプタを使えばOK。