【おしらせ】「ギター」カテゴリの記事は別サイトへ引っ越しました。(クリックで飛びます)

【Windows PCでAirPodsを使う方法】Bluetoothアダプタを使えばOK。

PCとAirPods

 

この記事では、AppleのワイヤレスイヤホンAirPodsをWindows PCで使う方法を解説します。

AirPodsはもともとApple製品とペアリングすることを前提としていますが、基本的にはBluetoothイヤホンですのでWindowsやAndroidでももちろん使えます。

WindowsでもAirPodsを使いたい方はぜひご覧ください。

ここでご紹介する方法は、Bluetoothワイヤレスイヤホン全般に使えると思います。

 

Bluetooth機能がないPCでの使い方

今回は、PCにBluetooth機能がない場合を想定します。

私が知る限り、デスクトップPCにはBluetoothが付いていないことがほとんどです。

デバイスマネージャーに「Bluetooth無線」の項目がない場合、Bluetoothの機能がないことを示しています。

デバイスマネージャー

 

3つの手順

全体の手順は大きく分けると、次の3つに分かれます。

  1. Bluetoothアダプタの設定をする
  2. AirPods(ワイヤレスイヤホン)とペアリングする
  3. 音量を調節する

 

解説の中で使う具体的な製品は、次のとおりです。

  1. 自作PC Windows7 Home Premium 64bit
  2. Apple AirPods with Charging Case(2019年モデル)
  3. I-O DATA Bluetoothアダプタ USB-B40LE

 

Bluetoothアダプタはこんな感じの装置です↓

ものすごく小さいので、保管する時はなくさないように注意してください。

Bluetoothアダプタ

 

手順1.Bluetoothアダプタの設定をする

まずは、BluetoothアダプタをそのPCで使えるように初期設定をします。

具体的な設定方法は製品やPCのOSによって変わるので、マニュアルを参照してください。

 

例えば私が使っているI-O DATA製のBluetoothアダプタでは、

  1. 付属のCDからドライバをインストールする
  2. アダプタを挿して認識させる
  3. PCを再起動する

これだけで準備できました。

Amazonで色々な製品のレビューを見るとセットアップで困っている方を多く見かけました。

上手くいかないときは、付属のマニュアルだけでなく、ユーザーのレビューも参考にしてみてください。

 

Bluetoothアダプタのセットアップが完了すると、デバイスマネージャーに「Bluetooth無線」という項目が出てきます。
(画像再掲)

デバイスマネージャー

 

手順2.AirPodsとペアリングする

Bluetoothアダプタの設定が終わりましたので、続いてPCとAirPodsのペアリングに移ります。

「スタート」→「コントロールパネル」→「ハードウェアとサウンド」と進むと、「Bluetooth デバイスの追加」という項目があります。これをクリック。

すると、下のような画面になります。ここで新しいBluetoothデバイスを見つけて、PCに追加します。

※以下の画面はWindows7のものです。

Bluetoothデバイスの追加

 

AirPodsをペアリングモードにする

上の状態で、AirPodsをペアリングモードにします。

やり方は、

  1. フタを開ける
  2. 背面のボタンを押しっぱなしにする

でOK。

2019年モデルの場合、ペアリングモードになるとランプが白く光ります

このランプは通常、緑やオレンジに光って電池の残量を表しています。

AirPodsのペアリングモード

 

Bluetoothデバイスとして追加する

WindowsがAirPodsを認識すると、下のように表示されます。イヤホンなのに「ヘッドホン」になっていますが、全く気にしなくて大丈夫です。

AirPodsをBluetoothデバイスとして追加する

 

下の画面では、待つだけでOK。

AirPodsを認識する

 

この画面になれば、WindowsにBluetoothデバイスとしてAirPodsを追加する操作は完了です。

AirPodsの追加が完了

 

追加されたことを確認してみる

上の画面にもある通り、「デバイスとプリンター」にて、AirPodsがきちんと追加されたか確認できます。

「スタート」→「コントロールパネル」→「デバイスとプリンターの表示」で見られます。

デバイスとプリンター

 

AirPodsと接続する

ここまでの作業で、WindowsでAirPodsを使う準備が出来ました。

続いて、AirPodsと接続して音を出せるようにします。

まずはWindowsホーム画面の右下にある、「スピーカーのマーク」を右クリック

そして、「再生デバイス」を選びます。

サウンドの設定

 

おそらくペアリングしただけではAirPodsから再生する設定にはなっていないと思います。

そこで、この画面でAirPodsに対応する項目を右クリック。

「接続」を選んだあと、「規定のデバイスとして設定」として設定します。

再生デバイスの設定

 

これでようやく、AirPodsから音が出る設定になりました。

ただし、実際に音を出すのはちょっと待ってください。このまま再生すると爆音になる可能性があります。

私がまさにその経験者でして、耳がイカれそうになりました。

 

手順3.音量を調整する

音を出す前に、WindowsレベルでAirPodsの音量を調整しておきましょう

環境によってはこんなことしなくても大丈夫かもしれませんが、私の環境では最初爆音で音楽が流れて死ぬかと思いました。

 

ホーム画面右下のスピーカーマークを、今度は左クリックします。

すると、下のように今使っているオーディオデバイスの音量を調整できます。

AirPodsのボリューム変更

これを0にすると、音が全く出なくなります。

そこで、普段使っているプレイヤーソフトの設定はいつものままで、このメモリを1ずつ上げていきましょう。

私の場合、メモリ1で落ち着きました。これでもまだちょっと大きく感じるくらいです。

 

テストとして、まずはAirPodsを耳から外した状態で音を鳴らしてみてください。

ちょうどいい音量で鳴れば、全て完了です。おつかれさまでした。

 

音が出ないとき

このように設定しても音が出ない場合、他にオーディオデバイスを接続しているか確認してみてください。

私も一度AirPodsから音が出ずに困りました。

私の環境では、別に接続していたオーディオインターフェースを設定で無効にしたらAirPodsから正常に音が出るようになりました。参考までに。

また、困ったときはPCの再起動も1つの手です。

 

おわりに

以上、Windows PCでAirPodsを使う方法を解説しました。

ワイヤレスイヤホンなら、基本的には同じ方法で使えるようになると思います。

ちょっと面倒ですが、これでPCでもBluetoothに対応して快適に音楽を聞けるようになります。

 

 

iOSデバイス(iPhone、iPad、iPod)での使い方は下記の記事にまとめています。

初回のペアリングから動作設定までを網羅しているので、iOSでフル活用したい方はぜひご覧ください。

AirPodsとiPad Pro【iPhone・iPadでAirPodsを使う方法】ペアリングから動作設定まで