ただいま一部の記事を別サイトに引っ越し&メンテナンス中です。

【iPhone,iPadでUSB-DACを使う方法】カメラアダプタを使えばOK。

ipadとUSB-DACを接続した様子

 

今回はiPhoneやiPad,iPodといったiOSデバイスでUSB-DACを使う方法について解説します。

iOSデバイスからデジタル出力してUSB-DACを使えば、DA変換を任せることで高音質化が期待出来ます。

基本的に難しいことはなく、USBカメラアダプタを使ってiOSデバイスとUSB-DACを接続すればOKです。

普段使っているスマホ・タブレットを高音質プレイヤーとして運用したい方はぜひご覧ください。

 

Android(スマホ・タブレット)用の解説記事はこちらです↓

AndroidとUSB-DACを接続するAndroid端末でUSB-DACを使う方法【スマホ・タブレットを高音質プレイヤーに】

必要な機器

まずは、iOSデバイスでUSB-DACを使う際に必要になるものを確認します。

必要なのは、次の5つ。

  1. iOSデバイス(iPhone,iPad,iPod)
  2. USBカメラアダプタ
  3. USBケーブル
  4. USB-DAC
  5. イヤホン、ヘッドホン

 

例として使う製品

chord mojo

この記事では、具体的な製品を使って手順をご紹介します。

使うのはこちら。

  1. iPad Pro 10.5(2017年モデル)(iOS12.2)
  2. CHORD Mojo(USB-DAC内蔵ポータブルアンプ)
  3. Lightning用USBカメラアダプタ(互換品)

 

 

USBカメラアダプタを選ぶ

USBカメラアダプタ

今回重要なのは、USBカメラアダプタです。

これは何をするものかというと、その名の通り、主にiOSデバイスとカメラをUSB接続するためのアダプタです。

カメラ以外にも、今回扱うようなUSB-DACを使う場面でもカメラアダプタが必要になります。

カメラアダプタを使わずに端子の形状を合わせて無理やりつないでも、USB-DACは使えません(私が実証済み)。

 

LightningかUSB-Cか

カメラアダプタを選ぶ際には、使うiOSデバイスのコネクタの形状に合わせます。

最近のiOSデバイスなら、Lightningコネクタか、USB-Cでしょう。

例えば、今回実例として使うiPad Proの端子はLighntningコネクタです。なので、Lighntning仕様のUSBカメラアダプタを選びます。

ipad proのLightningコネクタ

 

正規品か互換品か

USBカメラアダプタはApple製の正規品が売られています。

しかし、正規品はただのアダプタの割にけっこう値段が高いんですよね。

互換品、つまりApple製ではないけど同じように動作する製品もあります。

正規品にこだわらず、値段も安い方がいいという方は互換品でもOKです。ちなみに私はこの記事で登場する互換品しか持っていません。

 

ちなみに、Appleの正規品はこちら↓

Amazonで買うなら、「販売がAmazonになっているもの」をおすすめします。

 

USB-Aがついているもの

iOSデバイスとUSB-DACはUSB接続するので、カメラアダプタを買う際にはもう一端にUSB-A(メス)がついているものを選んでください。

ほぼ間違いはないと思うのですが、もう一端が別な使用になっていて紛らわしいものがたまにあります。

USBカメラアダプタの端子

 

今回実例としてつかう互換品のUSBカメラアダプタをもう一度確認すると、下記の製品になります。

Lighntningコネクタ(オス)⇔USB-A(メス)&Lightning(メス)です。

 

接続する

ipadとUSB-DACを接続した様子

ここからは、機器を接続していきます。

難しいことはなく、次の順につないでいくだけです。

iOSデバイス

USBカメラアダプタ

USBケーブル

USB-DAC

イヤホン・ヘッドホン

 

形状の合うUSBケーブルを使う

USBケーブル

USBカメラアダプタとUSB-DACを接続するには、対応するUSBケーブルを使います。

USBケーブルは、使うUSB-DACの入力端子に合わせて選びましょう。

例えば、今回使うUSB-DAC内蔵ポータブルアンプの入力端子はMicro-B(メス)です。入力端子は他にもあるのですが、ここでは一番なじみ深いMicro-Bを使います。

カメラアダプタの端子がUSB-A(メス)ですから、この場合用意するUSBケーブルは、

USB-A(オス)⇔Micro-B(オス)

ということになりますね。この形状のUSBケーブルは、一家に一本くらいはあるかと思います。

 

 

USB-DACに付属していることもありますが、持っていない場合は用意しましょう。

別にオーディオ用の製品じゃなくてもOKです。長さについては、あまり長すぎると邪魔くさくなります。

 

USB-DACの電源を入れる

あとはUSB-DACの電源を入れれば、iOS側では自動的にデジタル出力に切り替わるはずです。

iTunesなどの音楽プレイヤーの音声に限らず、iOSデバイス上の全ての音声がUSB-DACに送られます。

一応の注意点なのですが、最初はUSB-DACの音量をゼロにしてから再生するのをおすすめします。

間違って爆音が鳴ると耳に悪いですし、イヤホン・ヘッドホンにも悪い影響を与えるかもしれません。

 

おわりに

以上、iOSデバイスでUSB-DACを使う方法を解説しました。

ざっくり言うと、カメラアダプタとUSBケーブルで2つの機器を接続するだけです。

USB-DACがあれば、普段使っているスマホやタブレットを高音質な音楽プレイヤーとして利用できます。

iOSデバイスの音楽を高音質で聞きたい方は、ここでご紹介した方法でぜひ試してみてください。

 

 

AndroidでUSB-DACを使う方法はこちらからどうぞ↓

AndroidとUSB-DACを接続するAndroid端末でUSB-DACを使う方法【スマホ・タブレットを高音質プレイヤーに】