【Sinwlo AirPodsもどき レビュー】ノイズとペアリングの不安定さで実用に耐えない…おすすめしません

本物のAirPodsのイヤホンともどき

今回は、Amazonで売っているAirPodsもどきの1つをレビューします。

具体的には、こちらの製品になります↓

(販売終了している可能性あり)

 

結論から言うと、

  • 見た目はほぼ同じだが、中身は全く違う
  • ノイズが大きく、ペアリングが不安定なので買わない方がいい

です。

買うのは全くもっておすすめしません。明らかに実用に耐えなかったので、僕は返品しました。

これを買う理由は皆無なので、どうしてもこの形がいいなら本家AirPodsを買うのをおすすめします。

「AirPodsもどきってどうなんだろう」と思っている方はぜひご覧ください。

僕は本物のAirPods(2019年モデル)も持っていますので、そちらとの比較になります。

【AirPods(2019) レビュー】ワイヤレスインナーイヤーならこれで決まり。

AirPodsと見た目はほぼ同じ

AirPodsもどきはコピー品ということで、本物のAirPodsに近い外見になっています。

耳につけているところを見ても、遠くからだと本物かどうか分からないレベルです。

全体的にプラスティック感が強くて安っぽいですが、値段を考えるとそこは仕方ありません。

 

こちらがイヤホン本体↓

本物のAirPodsのイヤホンともどき

本物はタッチ(ダブルタップ)で操作しますが、もどきの方は物理スイッチです。

写真だと分かりづらいのですが、もどきの方が若干大きいです。つけ心地もちょっと変わりますが、悪くはありません。

 

続いて、充電ケース↓

本物のAirPodsのケースともどき

もどきの方がちょっと黒いこと以外は見た目に関しては同じです。

端子はAirPodsがLightningコネクタなのに対し、もどきはMicro-Bになっています。

 

また、もどきには便利なグッズが付属しています↓

AirPodsもどきの付属品

本物のAirPodsとの違い

というわけで、見た目の点についてはほとんど同じです。

ハード面でも細かい違いはあるのですが、実際に使う上で感じた大きな違いは次の2つ。

  1. 音質そのものは悪くないが、ノイズがひどい
  2. ペアリング・接続が安定しない

音質とノイズについて

まず、肝心の音質面について。

流れてくる音そのものは普通だと思います。ただ問題なのは、ノイズが無視できないほど大きいということ。

小さな音量ですが、「サー」とか「ピー」といったノイズが入ります。個体差はあるかもしれませんが、僕のもとに届いたものはノイズがありました。

比較として、僕が持っている2019年モデルのAirPodsではノイズは全くありません。音質自体も上です。

正直言って、このノイズだけで使う気になれませんでした。

ペアリング・接続が不安定過ぎる

さらに致命的なのが、ペアリングの成功率が低すぎること。

このAirPodsもどきのペアリングは、次の手順で行います。

  1. イヤホンを2つともケースから出す
  2. イヤホンのボタンを同時に3秒押す
    →すると赤・青に交互に点滅する
  3. その状態で、片方のボタンを2回押す

これでペアリングモードになります。

なのですが、これが全く成功しない。説明書通りにやっても成功率が低すぎてすごくイライラしました。

なんとか成功しても片耳だけ、ということもあります。

 

一方、AirPodsのペアリングは簡単です。

iOS(iPhone、iPad)でもAndroidでもサクサクペアリングして快適に使えています。何の問題もない。

AirPodsとiPad Pro 【iPhone・iPadでAirPodsを使う方法】ペアリングから動作設定まで 【AndroidでAirPodsを使う方法】設定と出来ること&出来ないこと

そういうわけでもどきは音質うんぬん以前に接続できないので、ぶっちゃけ言うとゴミだと思いました。

この形がいいなら普通にApple製AirPodsを買おう

このAirPodsもどきに唯一メリットを見出すなら、それはAirPodsの形をしているということです。

とはいえ上に書いたように実用に耐えないので、損をしたくない方は買わない方が良いと思います。

どうしてもこの「耳からうどんスタイル」がいいなら、やっぱり本物のAirPodsをおすすめします。

値段は高いのですが、使ってみるとその快適さに気づきます。

具体的には、

  • ノイズがない
  • ペアリングが簡単で、必ず成功する
  • 遅延がない
  • 音飛びはほとんどない

というふうに、要は「使っていてストレスがない」ことをとことん追求したイヤホンになっています。

構造と軽さのおかげで、つけていても肩こりや圧迫がないのもポイントです。

別なインナーイヤー型を探すのもあり

AirPodの形にこだわる方には、そもそもインナーイヤー型が欲しいという方も多いと思います。

選択肢は少ないものの、AirPods以外にもインナーイヤー型のワイヤレスイヤホンはあります。本家AirPodsは高いな…という方はそちらもチェックしてみてください。

具体的には下記の製品がそれに当てはまります。僕は実際に使っていないので単に紹介するに留めます。

中国製でも良いものはある

AirPodsもどきは中国製の散々な製品でしたが、中華ブランドも悪いものばかりではありません。

例えば僕はAKIKIというブランドのTWS-P10というカナル型ワイヤレスイヤホンを持っていて、こちらは問題なく使えて満足しています。コスパはかなり高い部類に入ると思います。

AKIKIワイヤレスイヤホンTWS-P10

カナル型なので耳の異物感が大きいというデメリットはありますが、その分リスニングに集中できるメリットがあります。インナーイヤー型にこだわらないならこういう製品もおすすめです。

AKIKIワイヤレスイヤホンTWS-P10 【AKIKIワイヤレスイヤホン レビュー】音質・機能性ともに値段以上…買って満足【TWS-P10】

 

カナル型とインナーイヤー型の違いについてはこちらの記事にまとめているので、製品選びに迷う方はぜひご覧ください。

カナル型とインナーイヤー型 【カナル型とインナーイヤー型のイヤホンの違い】メリットとデメリットのまとめ

【結論】AirPodsもどきはおすすめしない

以上、内容をまとめると次のようになります。

  • AirPodsもどきは使い物にならなかった
  • 高くても本物を買った方がいい
  • あるいは、AirPods以外に目を向けるのもあり

このAirPodsもどきはAmazonのレビューでは割と好評なのですが、この記事ではそれと逆行することを書きました。あくまで個人の感想であり、製品としての個体差もあると思います。1ユーザーの意見として参考になればと思います。

ワイヤレスイヤホンは快適さ重視で使うものだと思うので、なるべくストレスフリーに使える製品を選ぶのをおすすめします。

【AirPods(2019) レビュー】ワイヤレスインナーイヤーならこれで決まり。 Apple AirPods AirPodsのダブルタップが出来ないときの対処法【強めのタップがコツ】 AndroidとUSB-DACを接続する Android端末でUSB-DACを使う方法【スマホ・タブレットを高音質プレイヤーに】 ipadとUSB-DACを接続した様子 【iPhone,iPadでUSB-DACを使う方法】カメラアダプタを使えばOK。 【SONY SRS-XB32レビュー】音質は文句なし。多機能の重量級Bluetoothスピーカー