ヨドバシカメラ店頭でのPS5購入体験記【札幌店】

PS5

2022年2月19日(土)、遂にPS5を購入することができました。購入場所はヨドバシカメラ札幌店です。

この記事では、僕がPS5をどのように手に入れたかを体験記として書こうと思います。

2022年2月現在、PS5はまだまだ普通には買えない状況です。

PS5の入手法は色々ありますが、現時点で最も再現性が高いのは、週末のヨドバシカメラの店頭販売を狙う方法だと思います。以下では、僕がどのように情報を集め、実際に購入するに至ったかを書いていきます。

PS5の設置完了 PS5の開封と設置&簡易レビュー【CFI-1100A01】

情報サイト+Twitterで情報を集める

まずやるべきことは下記の方法によって情報を集め、PS5の流通状況を肌で感じることです。

  1. PS5の販売状況をまとめる情報サイトを定期的にチェックする
  2. Twitterで「PS5 ヨドバシ」で検索し、最新ツイートからリアルタイムな情報を知る

これらから得られる情報を総合すると、

「主に土日にヨドバシカメラの店頭でPS5が確かに販売されている」

ということが分かりました。

もちろんこれはあくまでざっくりとした情報であり、

  • 毎週末必ず在庫があるとは限らない
  • 土日以外の販売もある
  • 入荷数もそのときによって異なる
  • 販売開始の時刻もそのときによってまちまち

など、ざまざまな不確定要素があります。

ただ、週末のヨドバシカメラの(早朝からの並びも含めた)早い時間が一番の狙い目であることが分かります。

ヨドバシのクレカが必須

僕が購入した時期においては、ヨドバシでPS5を買う際にはヨドバシのクレジットカードである『GOLD POINT CARD』が必要です。

僕は学生時代からこのカードをメインの1つとして使っていたので、わざわざ新しく作る必要はありませんでした。

ヨドバシの店頭販売が再現性の高い方法であると信じるのであれば、GOLD POINT CARDは作って損はないと思います。

というのも、このクレカは入会費・年会費が無料なので維持費が全くかかりません。使わないなら押入れに仕舞っておけばいいだけです。

また、学生でも作れるくらい審査が緩いので、信用情報に傷がついていない限り誰でも作れます。

ポイント還元率は1%と標準的であり、ポイントはヨドバシでの買い物で使えます。通販も含めたヨドバシの品揃えや価格の妥当性を考慮すると、ポイントは絶対に無駄になりません。

そういうわけで、本当にPS5が欲しいならGOLD POINT CARDは作れるときに作っておくのをおすすめします。

<余談>

ヨドバシでのPS5購入の再現性が高い理由の一つは、購入者の数を制限していることにあります。

よくある誰でも応募できる抽選だと、応募者の人数が多すぎるためよほどの激運でもない限りいつまで経っても購入できません。

その点、特定のクレカを作るというワンステップを設けることで、未だに現金払いと銀行引き落とししかしない人や、クレカ作成が面倒くさくて仕方ない層がカットされます。

これにより対象者をぎゅっと絞り、一般的な抽選よりも確実性の高い購入方法となっているわけです。

実際に購入できた際の経緯

ここからは、僕が実際にPS5を購入するに至った細かい経緯を書いていきます。

あまりにも個人的で具体的な内容になるのですが、「こういう感じなんだな」と空気感を掴んでいただければと思います。

僕がPS5を購入したのは2022年2月19日(土)です。

2022年2月18日(金) 本州での流通を確認

上記の方法で情報収集していたところ、2月18日(金)に全国のヨドバシのいくつかの店舗でPS5が一気に販売されているのを確認しました。

この日は祝日ではなくただの平日であるため、僕のリサーチ結果と照らし合わせるとイレギュラーなように思います。

ただ18日は『Horizon Forbidden West』の発売日ということもあり、これと販売タイミングを合わせた形だったのかもしれません。そう考えると納得がいきます。

一方、ヨドバシ札幌店では18日の販売はありませんでした。

 

これらを総合した結果、

今週PS5の在庫がいくらか日本に入ってきており、週末(つまり明日か明後日)には札幌でも買えるのではないか

という推測が可能でした。

ちなみに最近の札幌での販売状況は、

  • 1週間前→若干数販売あり
  • 2週間前→販売なし

という状況でした。

2022年2月19日(土) 札幌店で購入

翌日の19日(土)、この日の購入を狙うのであれば本来早起きをして開店前に並んで然るべきでした。

ただ誤解を恐れず言うと、「どうしてもこの日に買わないといけない!」というわけでもなかったため、眠気にどうしても勝てず、開店凸は断念。

そんな中で10:30頃いつものように情報収集していると、ヨドバシ札幌店でPS5が販売されているという情報をゲット。

しかも開店直後に売り切れている雰囲気でもなく、すぐ店に向かえばまだ間に合うかもしれないといった印象を受けました。

そういうわけでこの情報を入手後、すぐ店舗へ向かいました。

店舗での購入までの様子

比較的アクセスのいい場所に住んでいることもあり、ヨドバシ札幌店3Fのゲームコーナーに着いたのが11:15頃でした。

このとき列にはすでに30人くらいは並んでいるように見えましたが、もちろん既に会計が済ませて退店した人もいるわけで、その分在庫は減っているはずです。

僕が列の最後尾に並ぶとき、誘導担当のスタッフさんから、

  • ヨドバシのクレカと、身分証明証が必要なこと
  • 過去にヨドバシでPS5を買った履歴がないのを確認すること

を伝えられました。

クレカと身分証が必要なのは知っていたのでもちろん持ってきています。

僕の後ろで並ぼうとしていた人の中には、クレカが必要なのを知らず並びを断念する方もちらほらいました。
(おそらく偶然店に居合わせた人なのだと思います)

僕の真後ろに並んだ方がスタッフさんに「今並んでも買えそうですか?」と訪ねたところ、「ギリギリ大丈夫そうです」と返答をもらっていました。これを盗み聞きして僕は買えることをほぼ確信。

 

レジ4つか5つがフル稼働しながら列は短くなっていき、僕が会計を済ませたのが11:50頃でした。

並び始めたのが11:15なので、待ち時間は35分くらいです。

僕のあとにはまだ20人くらいが並んでいるように見えましたが、彼ら全員が買えたのかは分かりません。おそらくどこかのタイミングで在庫なしとなり、解散になったでしょう。

通常版を購入

PS5には、

  1. ディスクが読み込める通常版
  2. ディスクが読み込めずDL限定のデジタル版

の2種類があります。

僕が欲しかったのは通常版で、この日は望み通り通常版を買うことが出来ました。

そういえばそもそもデジタル版の在庫があったのか聞かなかったのですが、その後ネットでリサーチしたところ通常版のみの販売だったようです。
(もしデジタル版のみの販売だったら見送っていたかも…)

最低でも60台は在庫があった

僕がPS5販売の情報を手に入れてから店に着くまでの時間と、僕が列に並んでいた時間などを総合すると、この日は少なくとも60台は在庫があったと推測できます。

僕のリサーチ範囲では、これは札幌ではかなり多い方な気がします。

家で情報を得てから店に向かうというまったりムーブでも買えたのは、在庫数が多かったからの一点に尽きます。幸運に恵まれました。

もし30台くらいしか入荷しなかったら買えなかったでしょう。また、このムーブが出来たのは店舗から割と近い場所に住んでいたからという要因もあります。

まとめ

以上、僕がヨドバシ札幌店で実際にPS5を購入するに至るまでの経緯を書きました。

繰り返しまとめると、2022年2月現在では、週末のヨドバシカメラ店頭販売を狙うのが最も再現性が高い方法だと思います。

今回僕は開店前から並ぶことなくPS5を購入できましたが、これはかなり運に依存する買い方でした。

もちろん販売開始時刻はまちまちですが、基本的には開店前の早い時間から並んでおくのが順当な方法だとは思います。

PS5がいつでも買えるようになるにはまだまだ長い期間を要するでしょう。

今回紹介したのは僕の個人的な一体験に過ぎませんが、どこか少しだけでも誰かの参考になれば幸いです。

 

私事になるのですが、APEXのシーズン12が始まってからというもの、PS4 PROではfps低下でまともに遊べなくなってしまいました。

PS5でプレイしてみたところ、fpsは常に最大(60fps)で安定しており快適にプレイできています。PS5が買えて本当によかったです。

PS5 APEX

 

開封と設置の様子をしながら簡単にレビューしています。合わせてご覧ください↓

PS5の設置完了 PS5の開封と設置&簡易レビュー【CFI-1100A01】

 

PS5でAPEXをコツコツ練習し、シーズン12のスプリット1で初めてソロダイヤを達成できました。

APEX LEGENDS ソロダイヤ達成の体験談【CS版】 LG UltraGear 24GN650-BAJP 【LG UltraGear 24GN650-BAJP レビュー】3万円以下では最適解のゲーミングモニター Logicool G-PHS-003 【Logicool G-PHS-003 レビュー】APEX用のゲーミングヘッドセットとして【G PRO X】 【APEX】ゴールドIV床ペロからの脱却とプラチナIV到達までに意識したこと