【おしらせ】「ギター」カテゴリの記事は別サイトへ引っ越しました。(クリックで飛びます)

Android端末でOTG機能を使う方法とその具体例

SDカードリーダーとAndroid

 

今回は、Android端末でOTGの機能を使う方法を解説します。

また、OTG機能を使うと具体的にどんなことが出来るようになるのかもご紹介します。

 

結論から言うと、下記のようなOTG対応の変換ケーブル・アダプタを使えばOKです。

 

こういったアダプタを使ってAndroidと他のデバイスをつなぐと、PCと同じような感じで使えるようになります。

デバイスの例としては、

  • (Micro)SDカードリーダー
  • USBメモリ
  • 外付けHDD
  • 有線・無線マウス
  • キーボード
  • USB-DAC

などです。

Androidスマホ・タブレットでこれらのデバイスを使ってみたい方はぜひご覧ください。

 

OTG機能について

OTG(On-The-Go)とは、簡単に言うとPC以外の機器どうしがUSB接続でデータのやり取りをする仕組みです。

例えば、PCにキーボードやマウスを接続して使うのは当たり前のことですよね。

AndroidでOTGの機能を使うと、AndroidもPCのように使えるようになるということです。

 

OTG対応か調べる方法

まずは、お手持ちのAndroidそのものがOTGに対応しているか調べましょう。

私は見たことがないのですが、OTGに対応していないAndroid端末もあるようです。

 

調べ方は超簡単。

Google Playストアで「USB OTG」と検索します。

するとAndroidがOTGに対応しているか調べるアプリがたくさん出てきます。

具体例として「USB OTG Checker」というアプリを使います。

USB OTG Checkerのインストール

 

 

インストールして起動するだけでチェックの結果が表示されます。

下記のように緑のチェックマークが現れれば、その端末はOTG機能に対応しています。

usb otg checkerの画面

 

OTG機能を使う具体例

あとはOTGに対応するアダプタを使い、他のデバイスと接続するだけです。

PCもキーボードやマウスをつなげばすぐに使えるようになりますよね。それと全く同じ感覚です。

以下、色々なデバイスを接続した例をご紹介します。

共通して使ったのは下記のアイテム。

  • Androidスマホ Huawei Mate 10 Pro
  • DAISOのUSB A→Cアダプタ(100円+税)

 

例として使うスマホはUSB-C仕様ですが、Micro-Bでも使うアダプタが違うだけで本質的には全く同じです。

 

アダプタは、100均(DAISO)で買ったA→Cタイプを使います。

外装にはOTG対応とは書いていなかったのですが、実際に使ってみたところ問題なくOTGの機能を使えました。

DAISOのUSBアダプタ

 

SDカードリーダー

SDカードリーダーとAndroid

SDカード、MicroSDカードを読み込むBaffalo製のカードリーダーとつないでみました。

USBドライブとして普通に認識しています。

AndroidにはMicroSDカードが挿せる製品が多い一方、このMate 10 Proのようにカードを挿せないモデルもあります。

こういった端末でSDカードとファイルのやりとりをしたい場合は便利ですね。

[aside]

カードリーダなどの外部メモリは、Android上でデバイスの取り外し操作を行ってから取り外してください。

私のスマホHuawei Mate 10 Proでは、画面上からスライドして出てくる画面で「デバイスの取り外し」を選択できました。

いきなり外すと、データが消えてしまうリスクがあります。

外部メモリの取り外し

[/aside]

 

USBメモリ

USBメモリとAndroid

普通のスティックタイプのUSBメモリも同じように使えました。

この場合はご丁寧に「Baffalo製USBドライブ」とまで表示されています。

 

外付けHDD

外付けHDD

外付けHDD(ハードディスクドライブ)のような仰々しいデバイスも接続可能。

ただしUSBメモリなどと違って、外付けHDDは別途電源が必要です。

外付けHDDもUSB接続の外部メモリであることには変わらないため、カードリーダーやスティック型USBメモリと挙動は全く同じです。

 

無線・有線マウス

PC用のマウスはAndoridにも使えるんですよ。知ってましたか?

例えば、こちらはLogicoolのゲーミングマウス「G300s」とAndroidを接続した様子です。画面上にポインタが表示されているのが見えるでしょうか?

有線マウスとAndroid
(クリックで拡大)

 

無線のマウスもOKです。

マウス本体の電源をONにした状態でレシーバーをアダプタに挿すと、Androidがマウスを認識します。

無線マウスとAndroid

 

「タッチパネルがあるAndroidでわざわざマウスを使う必要があるのか」と思う方もいらっしゃると思います。

基本的にはあえてマウスを使う必要はないのですが、画面が壊れてタッチが効かないときでもUSB経由のマウス操作なら可能です。

 

キーボード

キーボードと有線Android

キーボードをつなげば、Androidでも高速で文字入力が出来ますので文章作成には便利です。

上の写真では、「あああ」と入力してみました。

 

ちなみに、Androidでキーボードを使いたいならOTGで接続しようとせずにBluetoothキーボードを使うほうがすっきりして便利です。

 

USB-DAC(ポータブルアンプ)

最後に少し変わった例をご紹介。

PCなどで音楽を聞く際に音質をアップできるUSB-DACというデバイスがあります。「USB-DAC内蔵ポータブルアンプ」とも言われます。

OTGの機能を使えば、AndroidでもUSB-DACを使用可能になります。

USB-DACとAndroid

AndroidとUSB-DACを接続する Android端末でUSB-DACを使う方法【スマホ・タブレットを高音質プレイヤーに】

 

おわりに

以上、AndroidでOTG機能を使う方法と具体例をご紹介しました。

まとめると、USBの仕様(だいたいMicro-BかTYPE-C)に合わせてアダプタを用意すればOKです。