【おしらせ】「ギター」カテゴリの記事は別サイトへ引っ越しました。(クリックで飛びます)

AppleCareオンライン購入時のエラーは時間が経てば解決した【備忘録】

今回は、僕がAppleCare加入時に起きたトラブルについてまとめます。

 

iPad Pro 10.5インチを購入し、数日後にAppleCareにオンラインで加入することにしました。

しかし、手続きの中でエラーが起きてAppleCareの購入が出来ないという問題が起きました。

結果としては、時間をおいて何度も試すとそのうち成功しました。

今回の記事では、そのとき起きた手続き上のエラーや不具合を備忘録として書いておきます。

同じエラーが出ている方の参考になれば幸いです。

 

【追記 2019年4月】

僕がトラブルにあってこの記事を書いたのが2018年6月です。

2019年4月現在でも当記事には一定数アクセスがあるので、エラーは相変わらず起きていると思われます。

 

何種類かの不具合

僕が経験した購入時のエラーは1種類ではなく、何通りもありました。

購入しようとするごとに違うエラーが出るということです。

それぞれのケースについて書いておきます。

 

「診断セッションを開始できませんでした」と表示される

一番多く遭遇した不具合は、iPad Proの診断の際に「診断セッションを開始できませんでした」と表示されるケースでした。

手続きの中で送られてきたメールを、AppleCareに加入するiPadで開き、本体の診断をするときにこれが出てきます。

一度こうなると、何度同じ手続きをやり直しても同じ結果になってダメでした。

 

「ご用件は何でしょう?」と表示される

次のケースは、同じくiPad本体の診断を行う際に、上のメッセージではなく「ご用件は何でしょう?」と出てくる場合です。

「診断セッションを開始できませんでした」のケースと全く同じ操作で手続きを進めても、あるときはこれが出てきました。

これも、一旦こういう表示がされるようになると、同じことを何回繰り返しても同じ結果になりました。

「ご用件は何でしょう?」って、そのメッセージ自体が問題であることを考えるとちょっと笑えませんかね。

 

住所やクレジットカード番号の入力でつまづくパターン

時間をおくことによって診断が上手くいっても、その先の住所入力の部分でエラーが起きることもありました。

住所などの情報を入力して、「購入」ボタンを押しても「サポートに連絡してください」といったエラーが起きるというパターンです。

これも何回やり直しても、ダメなときはダメです。

また、この一つ後のクレジットカードの情報を入力する部分でも、同じようなエラーが出来ることがありました。

 

PCで手続きを進めると画面が真っ白になる

iPad本体の診断以外の手続きは、もちろんPCでも進められます。

それも上手くいくときと上手くいかない時があり、あるページに進んだ際に画面が真っ白になって手続きが進められない、といったことも起きました。

 

【解決策】時間を置いて何度もやってみる

冒頭でも書いたとおり、上の何種類ものエラーに遭遇しつつも、時間を置いて何度もやってみたらそのうち成功しました。

今では正常にAppleCareに加入出来ています。

僕はこのように時間を置いて何度もやってみることで(24時間以内に)問題が解決しましたが、本当に何度やってもダメなら電話でサポートに連絡すべきでしょう。

同じ問題でお悩みの方の参考になれば幸いです。

それにしても、高い端末代やAppleCareの費用を払っているのですから、こういう不具合は起きないようにしてほしいものですね。

 

あわせて読みたい

iPhoneやiPadをお使いの方には、同じくAppleのワイヤレスイヤホンAirPodsがおすすめです。

Apple製品となら、

  1. 簡単ペアリング
  2. 耳から外すと自動的に曲を一時停止
  3. ダブルタップで操作

などの便利な機能が使えます。

インナーイヤー型ということもあって、使っていてストレスフリー。

よく音楽を聞くならぜひチェックしてみてください。

【AirPods(2019) レビュー】ワイヤレスインナーイヤーならこれで決まり。 AirPodsとiPad Pro【iPhone・iPadでAirPodsを使う方法】ペアリングから動作設定まで